占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:6,397 hit

title.137 宣言しても ページ7

灰崎「赤司が怖くてついあんなこと口走ったが…」





とは言え、あいつのこと気になるんだよな。





ガキっぽい態度に驚いた反面、可愛いと思った。




俺の片手にすっぽり収まったあの小ささ。



なぜか愛おしく感じた。




よし、赤司に絶対気づかれないようにあいつを奪ってやろう。



本当の兄妹じゃないとかどーとか、どのみちあいつシスコンだろ。






重度で末期で手遅れと三拍子のやつだな。



さて、どうやって関わろうか。




てかクラス知らねーんだった。


聞いても教えてくれそうにないな。





ここは自力で一クラスずつあたるか。




灰崎「お前の困惑した顔が一番好きかもしれねぇ。」





貴「へっ…?」





灰崎「あ。」






ラッキー…見つけた。

title.138 死角→←title.136 つきまとい



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (8 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
62人がお気に入り
設定キーワード:黒子のバスケ , 夢小説 , 赤司征十郎   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作者ホームページ:http://uranai.nosv.org/u.php/hp/sui12141/  
作成日時:2015年3月12日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。