占いツクール
検索窓
今日:2,985 hit、昨日:979 hit、合計:18,032 hit

2 ページ2

〜ラウールside〜









俺は気がつくとAにキスをしていた。









保健室で2人きりという漫画のようなシチュエーションとAの美しい横顔。









もうこんなチャンスないかもと思い、

Aの唇を奪っていた。


幸いめめの風味?はしなかった。笑

そこはちょっと安心。笑









2人で廊下を歩く時も







ニコニコしながら話すAが可愛くて、







やっぱり気づいた時には抱きついていた。









けどなんかやだ。









だってAからめめの匂いがするんだもん。









めめのシャンプーの匂い。









めめの洗剤の匂い。









それに









めめの香水の匂いだってするもん。

3 作者です→←1



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 6.9/10 (300 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1470人がお気に入り
設定キーワード:SnowMan , 目黒蓮 , ラウール
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

メメ - 面白いです!!更新続けて欲しいです!(>д< ) (3時間前) (レス) id: 1da8843d75 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:Rii | 作成日時:2020年5月23日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。