占いツクール
検索窓
今日:16 hit、昨日:129 hit、合計:13,783 hit

46. ページ8

「本当に、そう思ってる?」

閉ざされた僕の口から出て来たのは、その言葉。

顔を上げて僕を見る藍輝。思考に反して動く僕の足。

「だって…時雨があんなに消極的になったのは…僕がいる」

藍輝の言葉が途切れる。

パチンと言う軽快な音と共に、じわっと痛くなる僕の手と右頬を抑えた藍輝の姿。

…僕が、叩いた、のか…?

信じられないと言う目で見る藍輝と、後ろから聞こえるそらるさん達の声。

「お兄、さん…?」

「自分を要らないなんて言わないで!生き物の命に要る要らないなんて関係ないんだから!」

謝るのが先。そう思っているのに、声は止まらない。

「時雨君の支えなんだよ!君達は!要らないなんて思わないで!」

肩を掴んで、力が抜けた藍輝を揺さぶる。

気力のなくなった藍輝の目には、光が灯っていた。

言っている僕も涙が溢れて止まらない。

僕の存在を認めてくれたあの子は、天国で無事暮らせているのかな。

僕らの事、見てくれてるのかな。

だったら尚更__!

「この世に存在価値のない生き物なんていないんだよ!そして、死んでいい生き物もいない!だから、いなければいいなんて思わないで!」

「…っ」

唇を噛み締めて声を押し殺し泣き出す藍輝。

背中を撫でながら、大丈夫大丈夫と呟く。

能力が解けたのか、そらるさん達が僕と藍輝の周りに集まって来た。

僕の胸に顔を押し付け、涙まみれになりながら顔を上げる藍輝。

「うぐっ…確かに、そうかも、しれないね…ごめんなさい、お兄さん達、時雨っ…」

「うん、それならいいや。まずは自分を大切にする事。自虐なんてやったって他に居場所はたくさんあるんだからね!」

僕が言うと、藍輝は大きく頷く。

それと同時に、パァッと藍輝の下半身が消えて行く。

「これ、何…?」

「成仏って僕らは言いよる。消えて行く所から感覚なくなっていっきょる?」

るす君がかがみこんで藍輝に言う。

「そんな…僕消えるの?時雨は?他の人格のみんなは?」

「落ち着いて。…時雨君は、僕らが責任持って幸せにする。他のみんなも助ける。絶対」

絶対に力を込めると、藍輝にちゃんと伝わったらしく、藍輝も頷いた。

「じゃあ、時雨に帰ったら伝えてね。今までありがとう、僕がいて時雨の支えになれたなら本望だよって」

首まで消えかかっている藍輝はそう言い、僕らをしっかり見てから言った。

「お兄さん達もありがとう。じゃあ、またね___」

ニコッと笑った藍輝の顔が、僕達の脳裏に焼きついた。

47.→←45.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.5/10 (27 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
223人がお気に入り
設定キーワード:歌い手 , 男主 , シリアス
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

いむいむ - 狐白さん» いつも嬉しいコメントありがとうございます!こちらも勇気付けられました! (12月17日 14時) (レス) id: dc78839770 (このIDを非表示/違反報告)
狐白 - あと、見捨てないです。いむいむさんに勇気づけられたから。内容も全然大丈夫ですよ!!頑張ってください!! (12月17日 0時) (レス) id: 4b6152b8a6 (このIDを非表示/違反報告)
狐白 - いむいむさん、語彙力少なくとも自分よりはあると思うので大丈夫ですよ!((ごめんなさい、自分なんかと比べるの失礼ですね (12月17日 0時) (レス) id: 4b6152b8a6 (このIDを非表示/違反報告)
いむいむ - 狐白さん» なので、勇気付けれて本望です! (12月5日 18時) (レス) id: 675fd3e6db (このIDを非表示/違反報告)
いむいむ - 狐白さん» ありがとうございます!私もたまに病んで自虐がちになるので、同じような人を助けてあげたいなって思いで作りました。 (12月5日 18時) (レス) id: 675fd3e6db (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:いむいむ | 作成日時:2017年11月13日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。