占いツクール
検索窓
今日:31 hit、昨日:8 hit、合計:28,440 hit

59. ページ21

ドアを開けると、広々(いや、ここは“箱”の中だから広いも何もないのか)した草原が広がっていた。

空まで上手に再現されていて、どこかにありそうな屋内テーマパークの様だった。

中心に立っているのはここにいる人格…海知(カイチ)だと思う。

がちゃんとドアが閉まる音と共に、海知がこっちを向く。

「君達、誰?」

まず言われたのは、当たり前になってきた僕達の身元確認。

天月君に似た茶髪を揺らして、体をくるりとこっちに向ける。

「僕は…まあ知ってるだろうけど海知って言うんだ。時雨の人格8番目。まあ七乃とか見て来てると思うから僕も相当だと思うだろけどね」

クスッと笑って一回転。どうやら僕らを誤解はしてないそう。

「なあなあ、海知の部屋はなんでこんな広々しとん?」

るす君がにこやかに尋ねる。突然の問いにも嫌な顔一つせずに答える海知。

「ん〜、そうだな…時雨が縛られるのを嫌ったから、かな?」

顎に人差し指を当てて思い出しながら言う。

…横を向いた瞳が一瞬陰った気がしたのは僕だけだろうか。

風もないのに、草花がゆらゆら揺れる。それと同時に僕らの髪も。

「まあそこに突っ立ってないで、こっち来たら?固まってるのも暑苦しいだろうし」

目線を部屋の隅から僕らに戻した海知は、最初から変わらない笑みでそう誘う。

でも、何か違う。

雰囲気というか…笑顔?が張り付いてる様な…顔の輪郭に合わせた仮面を被ってるみたい…

そんな僕の心配をよそに、じゃあ、と言いながらみんなはそっちへ向かう。





ーーーーー
作者です。

更新遅くなって御免なさい。

遅くなったのに、待ってくださった読者様お気に入り登録者様。

ありがとうございます。おかげさまでお気に入り220人を突破、hit数7,172となりました。

テンションが低いのは書きたくても書けない事情と自分の語彙力の無さに対して叫んでいたからです←

今日の更新はここまでかもしれませんが、明日は頑張りますので見捨てないでください((

…内容、大丈夫ですよね?←

60.→←58.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (41 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
218人がお気に入り
設定キーワード:歌い手 , 男主 , シリアス
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

いむいむ - 狐白さん» いつも嬉しいコメントありがとうございます!こちらも勇気付けられました! (12月17日 14時) (レス) id: dc78839770 (このIDを非表示/違反報告)
狐白 - あと、見捨てないです。いむいむさんに勇気づけられたから。内容も全然大丈夫ですよ!!頑張ってください!! (12月17日 0時) (レス) id: 4b6152b8a6 (このIDを非表示/違反報告)
狐白 - いむいむさん、語彙力少なくとも自分よりはあると思うので大丈夫ですよ!((ごめんなさい、自分なんかと比べるの失礼ですね (12月17日 0時) (レス) id: 4b6152b8a6 (このIDを非表示/違反報告)
いむいむ - 狐白さん» なので、勇気付けれて本望です! (12月5日 18時) (レス) id: 675fd3e6db (このIDを非表示/違反報告)
いむいむ - 狐白さん» ありがとうございます!私もたまに病んで自虐がちになるので、同じような人を助けてあげたいなって思いで作りました。 (12月5日 18時) (レス) id: 675fd3e6db (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:いむいむ | 作成日時:2017年11月13日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。