占いツクール
検索窓
今日:24 hit、昨日:222 hit、合計:128,551 hit

参の型 ページ4

雄英高校の学食は
それなりに豪華だ。

お館様の家に比べればどうってことないけど
高校生が食べるなら期待以上のものが食べれる。


『あ、天ぷらあるよ』

「俺それ!!!」

『少し静かにねぇ。』


伊之助の頭を猪越しに撫でてやると
ほわほわしているのか黙る

よしよしいい子だね。



『天ぷら盛り合わせ定食二つ下さい。』


注文すると
聞いているのかどうかわからないが
手が止まっている


『あの。』

「!ご、ごめんごめん
見とれちゃって」

『…そうですか。』



伊之助がイライラする前に頼んだものはでてきた
こういう所は流石だなぁと思う。


次は席の確保何だけど
人多いなここ。


『困ったな。』

「あ、あの!良かったら隣空いてるのでどうぞ!」

『あぁ、ありがとう。助かったよ』


緑のモサモサ君に話しかけられ
席に案内される

椅子に座ると
伊之助は頭の猪を取って
食い物にがっつこうとした


『伊之助』

「あ?」

『ありがとうと頂きます。
忘れてるよ』

「…緑色!ありがとな!!


頂きます!!」


すると伊之助は箸も使わず手で食べ始めた
昔からだからもう気にしないけど

なかなかその美形でその食べ方は異様だ

ほら、みんな目をまん丸にしているよ


『伊之助、私のも半分食べていいよ。』

「ほんとか?!ありがとなA!」


私も半分ほど食べて
あとは伊之助にあげた。


『改めてお礼を言うよ。
ありがとう。』

「困ってたみたいだから!よかった役に立てて」

「見たことないがどこのクラスなんだ?」

「髪、めっちゃ綺麗やな!羨ましいわ」


『ははっ、ありがとう。
1年Z組の産屋敷Aと嘴平伊之助だ。
よろしく。』


伊之助も丁度食べ終わったようなので
おしぼりを渡して手をふかせ
席を立って食器を下げに行く



ちなみに私の名字が産屋敷なのは
私が養子だからだ。


お館様はこんな私をいつの時代も引き取ってくれる

あの人には返しきれないほどの恩がある。
私はあの人に尽くすことで生きていける


『よし、伊之助競走だ』

「勝負か!?」

『あぁ、先に善逸に触れた方の勝ちだ』

「乗った!!やるぜ!」



こんな楽しいことできるのも
お館様のおかげだ。

肆の型→←弐の型



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (470 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1238人がお気に入り
設定キーワード:ヒロアカ , 鬼滅の刃 , クロスオーバー
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

殺覇(プロフ) - 葉月さん» 最初から誤字ってましたね((教えて下さりありがとうございます! (4月15日 7時) (レス) id: fdc91a3e02 (このIDを非表示/違反報告)
葉月(プロフ) - 面白かったです!後、しのぶさんのセリフ「治してあげます」が「治してあげす」になってます。 (4月14日 23時) (レス) id: 49b2bcdaf0 (このIDを非表示/違反報告)
月宮団子(プロフ) - この作品とても好きです!これからも頑張ってください!! (2月12日 20時) (レス) id: df3d955625 (このIDを非表示/違反報告)
メガネ - すっごく面白かったです!次の更新も待ってます! (1月12日 13時) (レス) id: 056bce6b60 (このIDを非表示/違反報告)
ジュベナイルフィリーズ - 素敵な作品ですね。あと私のあだ名がメアリーなんですけど← (1月4日 22時) (レス) id: 09090d6677 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:殺覇 | 作成日時:2019年12月2日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。