占いツクール
検索窓
今日:407 hit、昨日:483 hit、合計:306,868 hit

35 CM ページ35

あの日 夜遅くにアイツから電話がかかってきたが
弱々しい声で
お腹が痛い" って……

腹が痛いってなんだよ!

病院に連れて行けってか?

俺はお抱え運転手じゃないんだ!

1人で行けるだろ?

病院が嫌なら薬飲めよ。

俺はアイツに冷たく対応した。


お互いに気持ちなんかないんだから
これでいいんだよ。


KH「嫁から? 」

「あゝ……全く…」

KH「腹がどうのとか……薬がどうのとか……まだ体調悪いのか? ずいぶん長いな。」

「違うさ。精神的なもんだろ。前に喧嘩した時に俺が大きな声だしたら 腹が痛いからやめろって言ってさ……こっちは心配したのに次の日に朝早くから出張に行っててさ……けろっとしてやんの。心配損だよ。」

KH「へぇーー喧嘩したんだ。興味なかったら喧嘩もしないだろ?」

「さあな……アイツ……強いんだよ。」

KH「強いって 何が?」

「アイツ……武道を習得してるからさぁ…強いんだよ。……結婚してからだって1度も俺を頼ったことなんかないんだ。」

KH「精神的に強いってことか……ふーん。でもさ 男としては頼って欲しいよな。」

「なのにさ……この間 ジヒョンのことで色々あったから……アイツを無視してるんだ。」

KH「ジヒョンって……随分と前に別れただろ?……あっ……密会って……付き合ってるのか?……嫁を無視って……何してんだよ。」

「今は アイツ……弱々しいふりをしているだけだよ。その内にヒョンに泣き言を言って頼るんだよ。」

KH「嫁ってヒョンが好きだったっけ…」

「アイツがどうしても外食がしたいって言うから 連れて行ったんだ。自分がレストランじゃなくてもいいって言ったのに……出かける時にワンピースを着てメイクしてさぁ…笑えたぜ。」

KH「なんで? かわいいじゃんか。」

「俺が連れて行こうと思ったのは ラーメン屋だぜ。」

KH「…………」

「ラーメン食べてから 外を歩いてたら ジヒョンに会って……ジヒョンが泣いて逃げるんだ。もちろん 追いかけた。」

KH「嫁はどうしたんだ?」

「あの時の俺には アイツのことなんか頭になかったし。。。1人で帰ったみたい。」

KH「ひでーー。」

「そっかぁ? ジヒョンがさあ……結婚して1年になるから負けたって言ってさ……意味がわかんねぇ。」

KH「1年? もうそんなになるのか? 結婚記念日はどうしたんだ? 外食に行ったとか……何か買ってあげたりとか。………???……嫁が外食って……おめかししたって……」

「…………どーでもいいさ……。」

36 CM→←34 YOU



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (265 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
669人がお気に入り
設定キーワード:チャンミン , 東方神起 , 恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

神鹿 - 初めての子なのに独りで産んだなんて どんなにか心細く不安だったでしょう!!まだまだチャンミンには反省してもらわねばなりませんよ!!そしていいアッパになって欲しいな! (7月10日 22時) (レス) id: f17246d0a2 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - チャンミン!ちゃんと両親に全てを包み隠さず全部!全部!告白したら見直してあげます!スッカリお話しに入り込んでしまっている私でゴメンなさい。 (7月10日 1時) (レス) id: 8c09381f1b (このIDを非表示/違反報告)
ここ(プロフ) - wakaさん» はい。やっとです。 (7月9日 23時) (レス) id: 334cd0dc93 (このIDを非表示/違反報告)
ここ(プロフ) - りんさん» これからのチャンミンに期待しましょう……なぜか、不安が……。 (7月9日 23時) (レス) id: 334cd0dc93 (このIDを非表示/違反報告)
ここ(プロフ) - 花さん» 悪い男だったはずなのに……馬鹿な男だったのか……花さん、厳し〜い。 (7月9日 23時) (レス) id: 334cd0dc93 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ここ | 作成日時:2018年6月27日 8時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。