占いツクール
検索窓
今日:148 hit、昨日:208 hit、合計:292,064 hit

24 CM ページ24

食事会当日は現地待ち合わせにした。

俺とヒョンは仕事が終わってから行ったが
アイツはまだ来ていない。

このお店は露地に入っていくので
初心者だと迷うかな?

案の定 アイツも迷ってるみたいで
ヒョンに連絡がきた。

近くまで来ていると思うがわからないって。

ヒョンが優しく教えてる。

こんな風景にも 少しイラッとする。

だいたい アイツは なんで俺に連絡してこないんだ!

仮にも 夫だぞ! 俺は。

あっ……
やっぱり
仮 なんだ……
なんか複雑だ。

YH「Aちゃん お店の前まで来たって。すぐ来るからオーダーしようか?」

メニューを選んでいたら
また ヒョンの携帯が鳴った。

お店の人が通してくれないって。
どうやら Aはファンと間違われたみたいだ。

ヒョンが受け付けまで走って行った。

その途端
キャー キャーと黄色い声が響いてる。


ヒョンとアイツが笑いながらきた。

その姿にもイラッとして

「なんで俺に連絡しないんだ! ヒョンがでて行ったら キャー キャー なって……お店に迷惑がかかるだろ?! 気をつけろよ。」

アイツは笑顔は消えて
小さな声で
A「すみませんでした。」
って ヒョンに言ってた。

ヒョンの前で注意されたから
落ち込んだか?

まぁ……いいや。

YH「チャンミン もう いいから。 Aちゃん? 何食べる? ここは美味しいよ。」

A「じゃあ……私 冷麺がいいです。」


俺とヒョンは固まった。


なんだ?
焼肉店にきて まず冷麺ってなんだよ?!
ありえない!
しかも ここ 高級焼肉店だそ!

俺はアイツを注意しようとして
舌打ちをしたら……
ヒョンが止めた。

YH「Aちゃん? まずお肉を食べようよ。栄養つけないと。ね?」


ヒョンは優しい……
甘い……


アイツは小さな肉をサンチェに巻いて食べていた。


俺とヒョンはツアーの話とかしていたが

ヒョンはAがあまり食べてないのが気になるのか

'' 食べてる?
この肉 美味しいよ?
たくさん食べてね? "

とか
アイツに言っている。

ヒョン?
優しすぎるよ…

ヒョンがAに言葉かけをする度に
俺は集中力を欠いてしまう訳で……

「食べろ!」

って 大きめな肉をAの皿に乗せたら

アイツは

" オェッ " って なって

口を押さえながら席を外した。

25 CM→←23 CM



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (262 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
657人がお気に入り
設定キーワード:チャンミン , 東方神起 , 恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

神鹿 - 初めての子なのに独りで産んだなんて どんなにか心細く不安だったでしょう!!まだまだチャンミンには反省してもらわねばなりませんよ!!そしていいアッパになって欲しいな! (7月10日 22時) (レス) id: f17246d0a2 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - チャンミン!ちゃんと両親に全てを包み隠さず全部!全部!告白したら見直してあげます!スッカリお話しに入り込んでしまっている私でゴメンなさい。 (7月10日 1時) (レス) id: 8c09381f1b (このIDを非表示/違反報告)
ここ(プロフ) - wakaさん» はい。やっとです。 (7月9日 23時) (レス) id: 334cd0dc93 (このIDを非表示/違反報告)
ここ(プロフ) - りんさん» これからのチャンミンに期待しましょう……なぜか、不安が……。 (7月9日 23時) (レス) id: 334cd0dc93 (このIDを非表示/違反報告)
ここ(プロフ) - 花さん» 悪い男だったはずなのに……馬鹿な男だったのか……花さん、厳し〜い。 (7月9日 23時) (レス) id: 334cd0dc93 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ここ | 作成日時:2018年6月27日 8時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。