占いツクール
検索窓
今日:8 hit、昨日:22 hit、合計:9,898 hit

ページ22

「はい、できたよ〜」









目玉焼きとパン、サラダのボウルを持っていくと、

既に座っていた和哉は嬉しそうに微笑み、いただきますと手を合わせた。









続いて自分の分を運び、私も食べ始める。









「学校、遅刻しないように行かなきゃね…

あ。制服とか家置いてきた…」









和哉「ん。近いからいいでしょ。」









私昨日何も持たず泊まりに来ちゃったんだ…









近いからいいって…そんな時間あるかな?









今は7時半。


幸い学校までは近いから、30分もあれば着く。









ということは8時までに支度を終わらせれば…









「ちょっとスピードアップするね、

朝ごはん食べたら私一旦帰らないとでしょ?

割と時間なかった。」









和哉「…休まないの?」









「ちゃんと行きます」









無遅刻、とまでは行かないけれど、

一応無欠席だからそこだけは守り抜きたい。









ああ、こんな時だけ変なプライドが働くのはなんでなんだろう。笑









そのあともねむそうな和哉を置いて朝ごはんを食べ終え、

少し洗面台を借りて後でね、と和哉の家を出た。









和哉もあのペースで間に合うかな?









ああ、そんなこと言ってられない。









急いで支度をして、和哉がいつ迎えに来てもいいようにと戸締りを確認していた。

…→←朝



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.4/10 (17 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
148人がお気に入り
設定キーワード:SUPER★DRAGON , スパドラ , 松村和哉
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:咲希(ソヨン) | 作者ホームページ:   
作成日時:2019年3月26日 13時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。