占いツクール
検索窓
今日:6 hit、昨日:63 hit、合計:10,048 hit

38*洸希side ページ11

洸希side



人間の行動力とは恐ろしいもので。






気がついた時にはもう、取り返しのつかないことをしていた。






俺の足はAの家に向かっていて。






そう遠くない距離を早歩きでせかせかと歩いていると、

前には楽しそうな和哉とAの影。







この時の俺には嫉妬しかなかった。







イライラして、どうしようもなくて

気が狂いそうだった。







いや、もう狂っていたのかもしれない。








俺は和哉が帰ったのを確認して







Aの家に入り、








俺は嫌がるAを押さえつけて







…襲ってしまった。







胸が苦しいままユイに荒々しいキスをして

罪悪感や背徳感があるのと同時に、

変な快感すら感じてしまっていた。









Aの服の中に手を入れ、下着のフックを外して

大き過ぎず小さ過ぎない胸を揉みしだいた。







こいつの首筋から




髪から




服から





至る所からこいつの匂いがして

クラっとしたちょうどその時、









誰かが俺の後頭部を殴った。

39→←37



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.4/10 (18 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
148人がお気に入り
設定キーワード:SUPER★DRAGON , スパドラ , 松村和哉
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:咲希(ソヨン) | 作者ホームページ:   
作成日時:2019年3月26日 13時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。