占いツクール
検索窓
今日:26 hit、昨日:195 hit、合計:68,759 hit

. ページ10

.


しばらく私たちはお互いなにも言えずにいた。



大倉くんの顔はみるみるうちに怪訝になっていく。


今日はなんだか、この人には会いたくなかったのに。
どうしてこのタイミングで会っちゃうんだろう。


「…なんでここにおるん?」


沈黙を先に破ったのは大倉くんだった。


…ああ、だから今日は会いたくなかったのにな。


太陽みたいな彼を見てしまったあとじゃ
その視線も声も
いつもより一層、冷たく突き放されてる気がしてしまう。


「錦戸さんに呼ばれて来た」

「亮ちゃんが?…ああ、ドラマの現場やってたんやっけ」

「3ヶ月一緒に仕事してた」


…八重洲さんとの会話
ちゃんとそこの部分も聞いてたんだ。



大倉くんは「へえ」と呟くと
壁に寄りかかってじっと私を見る。


錦戸亮と同じくTシャツにスラックスのラフな出で立ちで、シャワーを浴びたのか、髪が濡れている。

「亮ちゃんがねぇ…」

「…あの、錦戸さんはマネージャーさんとどっかに行ったから、まだ戻ってこないと思う」

「そ。じゃ、ここで待ってるわ」


なんでだよ。
私は気まずいから
遠回しに「後でまた来れば」って意味を込めて言ったんだよ。



大倉くんは私とすこし距離をおいて
ソファーにどかりと座った。

この男、まるでなにを考えているのか分からない。




…どうしよう。私が出ようかな。
でも、待ってろって言われてるし。


「亮ちゃん、よく週刊誌にすっぱ抜かれるから大変やで」


「え?」


「ドラマにもよぉ出るし、うちのグループの中で1番知名度あるのは亮ちゃんやし。だから記者がいつも追いかけ回してるんよ」


「へえ、そう」


たしかに、錦戸亮は熱愛の噂が絶えず流されている印象がある。
超有名どころの名前が相手として出ていることもしばしば。
だけど、なんでいきなりその話題なんだろう。


予測不能な言動が立て続けに起こりすぎて
頭の中ははてなマークでいっぱいだ。

.→←.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (84 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
444人がお気に入り
設定キーワード:関ジャニ∞ , 大倉忠義 , 錦戸亮   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

あくび(プロフ) - ゆらさん» ありがとうございます!とっても嬉しいです。これからも面白いと思ってもらえるよう、頑張って更新しますので是非、結末がどうなるか見届けてください(^^) (11月2日 23時) (レス) id: 780a2f1a45 (このIDを非表示/違反報告)
ゆら(プロフ) - この話が本当に面白くて毎日の日課です^^これからも更新楽しみにしています!!私的には大倉くんで結末があるほうがさらに楽しみです(^^) (11月2日 20時) (レス) id: cc42456779 (このIDを非表示/違反報告)
あくび(プロフ) - megumonkeyさん» はじめまして、とても嬉しいお言葉ありがとうございます(TT)結末は決まっていて、それに向かってチマチマと書いているので、是非これからも更新楽しみにしていてください。 (10月30日 22時) (レス) id: 780a2f1a45 (このIDを非表示/違反報告)
megumonkey(プロフ) - はじめまして。ステキなお話で楽しみに読んでます。大倉くんと錦戸くん、どちらとくっついてしまうのかドキドキで、更新が楽しみです (10月30日 10時) (レス) id: fa40db60d7 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:あくび | 作成日時:2020年10月27日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。