占いツクール
検索窓
今日:287 hit、昨日:119 hit、合計:68,432 hit

. ページ42

.




「おーくら、ちょっとこっち来て」



ダンスのレッスンが終わり
気だるい身体を引きずって合宿所に帰ろうとしていたところにヤスに声をかけられた。


なんだかんだで行動時間が合わずにあの一件以来の再会で
やっぱりちょっと恥ずかしくて俯きがちに近づくと

「オークラァ、顔上げろや。照れてんのか?」

なんて、からかった声が降り注ぐ。
その声はヤスとは違くて、すこし高めの掠れ気味な声で

顔を上げれば、すばる君がニヤニヤしながらヤスと肩を組んでいた。


「すばる君…なんでいんの」

「なんでってなんやねん。いちゃ悪いんか」

「いや、そうやないけど。俺らとレッスンのスケジュール、違うやん」


すばる君は関西で最も人気があると言っても過言じゃないほどの売れっ子Jr.だ。

端正な顔立ちとずば抜けた歌唱力、ヤンチャなキャラクター。

魅力的なスペックの詰め合わせみたいなモンやから、当然そうなるんやろうなっていうのは初めて会った時から分かってた。




でも、亮ちゃんに対するような気持ちにならんのは
亮ちゃんが歳も近くてほぼ同期なのに対して、すばる君はある程度の年上で、先輩やからっていうのがデカいんやと思う。


…我ながら、ちっちぇー奴。



「今日は歌のレッスン来てた。コンサートが近いねん…って、俺の話はどーでもええわ」

すばる君が、ヤス!と肩を小突く。
ヤスはうん、と頷いて改めて俺を見る。

「おーくらさ、前に社長からバンドやらへんかって言われたやろ」

「あぁ…うん」


それは記憶に新しいことだった。

急な誘い話にビックリしながらも
ダンスが好きやったし、バンドなんて全くの未経験なものをイチからやる気力も自信もなくて、断った。


「俺とマルでな、あの話もっかい社長に提案したんよ」


「…は?」


「俺らで組んでるグループのドラムが抜けたやろ。そんで、新しいドラムが必要なんよ。おーくらは、リズム感があるから」

すらすら説明するヤスの口は動き続けるけど
いきなりの情報に頭が追いつかない。


そんな、いきなり何言うてんねん。


ドラム?俺が?

リズム感なんて別にずば抜けてすごい訳やない。


頭に言葉は浮かぶけど
口はポカンと開いたまま。


そんな俺の様子を見ながら、ヤスはまた説明を続ける。

「後でまた社長から正式に話されると思うけど、1ヶ月でドラムをマスターするのが条件。グループ加入は出来をみて社長が判断する」

.→←.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (84 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
446人がお気に入り
設定キーワード:関ジャニ∞ , 大倉忠義 , 錦戸亮   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

あくび(プロフ) - ゆらさん» ありがとうございます!とっても嬉しいです。これからも面白いと思ってもらえるよう、頑張って更新しますので是非、結末がどうなるか見届けてください(^^) (11月2日 23時) (レス) id: 780a2f1a45 (このIDを非表示/違反報告)
ゆら(プロフ) - この話が本当に面白くて毎日の日課です^^これからも更新楽しみにしています!!私的には大倉くんで結末があるほうがさらに楽しみです(^^) (11月2日 20時) (レス) id: cc42456779 (このIDを非表示/違反報告)
あくび(プロフ) - megumonkeyさん» はじめまして、とても嬉しいお言葉ありがとうございます(TT)結末は決まっていて、それに向かってチマチマと書いているので、是非これからも更新楽しみにしていてください。 (10月30日 22時) (レス) id: 780a2f1a45 (このIDを非表示/違反報告)
megumonkey(プロフ) - はじめまして。ステキなお話で楽しみに読んでます。大倉くんと錦戸くん、どちらとくっついてしまうのかドキドキで、更新が楽しみです (10月30日 10時) (レス) id: fa40db60d7 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:あくび | 作成日時:2020年10月27日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。