占いツクール
検索窓
今日:165 hit、昨日:427 hit、合計:69,423 hit

. ページ4

.


7人がわちゃわちゃと動いてて
画面はとても賑やかで
それでも私の目は、どうしたって彼を追いかけてしまう。



「あっはっは!!マル、やめろって〜〜!」



大倉くんが、笑ってる。


手をたたいて、口を大きく開けて
目はなくなるくらい細くなって。


そう、彼はこうやって笑うんだった。




仕事場で会うとき
いつだって彼は伏し目がちで
静かにそっと、佇んでいる。



過去を探さないで、と言われたけど
今、私の目に映るテレビの中の大倉くんは
あの頃の大倉くんのままだ。



…こんな顔が、見たかったんだけどな。





〜♪♪♪

スマホの画面が光るのが視界の端に見えたのとほぼ同時で、ラインの着信音が鳴る。


表示されている名前を確認して、思わず驚いてしまった。


まるで、いま私の行動を見ていたのかとおもうようなタイミング。


「…はい、もしもし」


「よお。いま暇?」


相変わらず突拍子もなく始まる会話。

電話をするのはこれで2回目だけど
錦戸亮は電話に出たとき「もしもし」とか言わないタイプなんだな、とおもう。




「暇です、とっても」



目の前の画面には、今だに丸山くんをいじって
笑っている錦戸亮がいる。


耳元では、その本人の声。


すごい不思議だ。



錦戸亮は「ふぅん」と
自分から聞き出したのに全然興味なさそうに相槌をうって、黙り込む。


電話からはガヤガヤとした音が漏れていて
向こうはいま賑やかな場所にいるんだなとわかった。


「あの、さ」


ちいさく咳払いをして、錦戸亮が言った。


「今日の夜、東京ドームに来ない?」

.→←.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (84 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
444人がお気に入り
設定キーワード:関ジャニ∞ , 大倉忠義 , 錦戸亮   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

あくび(プロフ) - ゆらさん» ありがとうございます!とっても嬉しいです。これからも面白いと思ってもらえるよう、頑張って更新しますので是非、結末がどうなるか見届けてください(^^) (11月2日 23時) (レス) id: 780a2f1a45 (このIDを非表示/違反報告)
ゆら(プロフ) - この話が本当に面白くて毎日の日課です^^これからも更新楽しみにしています!!私的には大倉くんで結末があるほうがさらに楽しみです(^^) (11月2日 20時) (レス) id: cc42456779 (このIDを非表示/違反報告)
あくび(プロフ) - megumonkeyさん» はじめまして、とても嬉しいお言葉ありがとうございます(TT)結末は決まっていて、それに向かってチマチマと書いているので、是非これからも更新楽しみにしていてください。 (10月30日 22時) (レス) id: 780a2f1a45 (このIDを非表示/違反報告)
megumonkey(プロフ) - はじめまして。ステキなお話で楽しみに読んでます。大倉くんと錦戸くん、どちらとくっついてしまうのかドキドキで、更新が楽しみです (10月30日 10時) (レス) id: fa40db60d7 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:あくび | 作成日時:2020年10月27日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。