占いツクール
検索窓
今日:57 hit、昨日:195 hit、合計:68,790 hit

. ページ30

.




大倉くんを見つめながら
私は頭の中で、振り子を思い描いた。

右へ行ったり、左へ行ったり
ゆらゆらと揺れる振り子。

彼の態度や心情も、そうなのかもしれない。
定まることがなく
その日の気分でゆらゆら、行ったり来たり。

そういうものなんだ、たぶん。


最後の一口のカレーを食べる。
やっぱりまろやかで、ほんのり甘い。

「このカレーやさしい味がする」

「ああ。はちみつやな、たぶん」

「はちみつ?」

「隠し味」

「へえ…はちみつ入れるとこんな味になるんだ」

「一手間加えるだけで、ガラリと変わることもある」


それがおもろいんよなぁ、と呟いた大倉くんはいつの間にか二杯目も食べ終わっていて
満足そうな顔で「ごちそうさん」と言うと、手を合わせた。

手が大きいなあ、と思う。
男っぽいゴツゴツしたところもあるけど
指が長くて、白い。


「…きのうの大倉くん」

「ん?」

「すんごいヘラヘラ笑ってた」

うぐっ、と水を詰まらせて
大倉くんはバツの悪い顔をする。


「覚えてる?」

「あー…なんとなく」


そう言うとすこし顔を伏せてしまったけど
襟足をせわしなく触ったり貧乏ゆすりをするその仕草は見るからに挙動不審だ。

私ももういい大人で、お酒に酔っ払うこともしばしばあるから、わかる。
醜態を覚えたまま迎える翌日が1番恥ずかしいのだ。

それを隠しながらいつも通りに、無愛想な感じで振る舞っていたと思うと、思わず笑ってしまった。


そんな私に、大倉くんは笑うなや、と口をすこし尖らせる。

拗ねた子供のような顔。
今までの大倉くんとは全く違う、新しい顔だ。


一手間加えると、ガラリと変わる。
なるほど、たしかに面白い。

微熱を孕む→←.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (84 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
444人がお気に入り
設定キーワード:関ジャニ∞ , 大倉忠義 , 錦戸亮   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

あくび(プロフ) - ゆらさん» ありがとうございます!とっても嬉しいです。これからも面白いと思ってもらえるよう、頑張って更新しますので是非、結末がどうなるか見届けてください(^^) (11月2日 23時) (レス) id: 780a2f1a45 (このIDを非表示/違反報告)
ゆら(プロフ) - この話が本当に面白くて毎日の日課です^^これからも更新楽しみにしています!!私的には大倉くんで結末があるほうがさらに楽しみです(^^) (11月2日 20時) (レス) id: cc42456779 (このIDを非表示/違反報告)
あくび(プロフ) - megumonkeyさん» はじめまして、とても嬉しいお言葉ありがとうございます(TT)結末は決まっていて、それに向かってチマチマと書いているので、是非これからも更新楽しみにしていてください。 (10月30日 22時) (レス) id: 780a2f1a45 (このIDを非表示/違反報告)
megumonkey(プロフ) - はじめまして。ステキなお話で楽しみに読んでます。大倉くんと錦戸くん、どちらとくっついてしまうのかドキドキで、更新が楽しみです (10月30日 10時) (レス) id: fa40db60d7 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:あくび | 作成日時:2020年10月27日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。