占いツクール
検索窓
今日:11 hit、昨日:45 hit、合計:48,506 hit

◆2 ページ19

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆




「ジュンジュン起きた〜?」

「お前声でけえよ!」

「いってぇ!叩くなよっ」

「だからその声がでけえって言ってんすよ、ジュンくんの寝起き超怖いの知ってるだろうがっ」

「……やっべ!」




光が眩しい。


昨日も見てたのに。




「うるせえ!って枕投げつけられてあの眼力で見つめられて石にでもなれば大人しくなれるんじゃないすかね」

「いやマジでその言い方ひどくね?」

「その位しないと直らないタイプのアレなんだから仕方ないでしょ」

「アレってなに?」

「……はぁ」




俺が寝ていた場所は恐らくベッドルームなんだろう。


目を開けて飛び込んできたのは一面白の世界……そりゃ眩しく感じるハズだ、こんな部屋趣味じゃねえんだけど。


ぎゃあぎゃあ聞こえてくる煩めの声は隣の部屋からで、そこは恐らくリビングか何かなんだろう……扉からひょいと覗いた顔がふたつ、どっちも目をキラキラさせている。


顔が覗くと同時に俺の頭を撫でていた手が離れて、その主はふんわり微笑むとこの部屋を後にして。


顔を覗かせたふたり共がほとんど同時に部屋に入ってきて、ひとりずつ両サイドに回ってひょこっと俺の顔を覗き込む。




「……どう?」

「……最っ悪だよ」

「んふふ……その様子だと潤くんかな」

「……あ"〜〜〜」

「んふふっ、おかえり潤くん」

「……おぅ」




目を開けなくてもコイツがどんな顔をしてるか分かる位にはコイツと一緒の時間を過ごしてきた。


きっとさ、他の奴らには欠片も見せないような優しくて柔らかくて少しお兄ちゃん感のある微笑みだろうな……ったく、年ほとんど変わんねえのに。




「マジで毎回ピッタリだね!」

「……嫌いなんだよ、ズレるの」

「だろうね、あひゃひゃ!」

「あ"〜〜〜、すっげえダルい」

「あ〜あぁ、ジュンジュンともお別れかぁ……超かわいかったのになぁ」

「何そのジュンジュンって」

「ん?今回の呼び名だよ?」

「マジか……よく許したな、そんなの」




毎回毎回絶妙な距離感取ってくるこの人も、俺が目覚めたことを嬉しく思ってくれてるのは声から伝わってくるし。


きっとあの特徴的な目と目の皺も健在なんだろうなと思うと、なんとなく口元が緩んでくる……けど、いくらなんでもジュンジュンはねえだろ……。




「……ただいま」

「うん、お帰り」

「待ってたよ!」

「……うん」




 

◆3→←◆Deep forest - in case of purple @ 2018/08/30



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (154 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
607人がお気に入り
設定キーワード: , HBD企画 , 二宮和也
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

黒衣(プロフ) - あいさん» わ〜い!コチラにもいらっしゃいませ〜!リアル設定が全く書けない分、イメージ膨らませるお話が多めとなっております(笑) 楽しんで頂けているようで良かったです♪ 最初に野生児化してしまってどうしようかと思いましたが、何とかまとまって一安心&安定の溺愛(笑) (7月7日 0時) (レス) id: 9cf8dc8670 (このIDを非表示/違反報告)
あい(プロフ) - やっとこれました(汗)こういう現実離れしたお話大好き♪自分では書けないから惚れ惚れしてしまう。そしてニノちゃん…野生児から愛する主人公ちゃんになってよかったわ。ニノちゃんの溺愛が目に浮かんで…(ふふふっ) (7月5日 5時) (レス) id: 6cfe9042a6 (このIDを非表示/違反報告)
黒衣(プロフ) - みーこさん» きっとマスター時代の名残か、向こう側にいる人の察する能力の高さか、どちらかでしょう(笑) (6月24日 2時) (レス) id: 9cf8dc8670 (このIDを非表示/違反報告)
黒衣(プロフ) - 橘花さん» わー!そう言って頂けるととても嬉しい!周囲に人間がいなかったのでね、野生児化しちゃいました(笑) きっとマスターはロマンチストだったんじゃないかという想定でした。そしてわんこはわんわんしないと(笑) 続きも頑張りますね! (6月24日 2時) (レス) id: 9cf8dc8670 (このIDを非表示/違反報告)
黒衣(プロフ) - しろさん» 楽しんで頂けて良かったです♪ 私もカタカタしながら「コレどうなるんじゃい」と思ってました(笑) 最後は私安定のアレでしたが(笑)、楽しんで頂けて良かったです! (6月24日 2時) (レス) id: 9cf8dc8670 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:黒衣 | 作者ホームページ:http:/  
作成日時:2018年6月17日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。