占いツクール
検索窓
今日:88 hit、昨日:14 hit、合計:27,766 hit

◆3 ページ29

◆SIDE-A◆




「たまには雨でも遊ぼ!」




そう言って雨の中にキミを引っ張り出してみた。聞いたら、雨は嫌いじゃないみたいだし。


雨の中で遊ぶなんて、小さい子供くらいしかしないから、キミは久しぶりみたいだね。




だってさ?


雨の中で遊んでると、世界をひとりじめしてる、みたいな気持ちになったりしない?


そう言うと『確かに!』って笑ってくれた。




でしょでしょ!


雨っぽい曲を歌い始めたら、一緒にキミも歌い始めて。樹の枝も合わせて揺れる。


曲に合わせてステップ踏んだら、足元の水が跳ねてキラキラして、何だか嬉しくなる。


キミの声がキレイで、雨の滴もキレイで、何だかテンション上がっちゃう!


調子に乗って、キミを抱っこして、グルグル回ってみた。


『きゃ〜〜〜!』って言ってるけど、結構楽しそうに笑ってる。




オレが笑ってるからかな?


キミも笑ってくれる。




それで良いじゃん、ね?




天気雨が止んでる向こうに虹が見える。


「ほらほら!あっち!」


指さしたら、一緒に子供みたいに喜んで。雨で外にいたから見れたね、って笑い合った。








ね?


もう世界は、悲しいだけじゃない。


悲しいことも辛いこともあるけど、綺麗なことだって、まだあるよ。


だから、笑ったら楽しくなるの。








もし神様に祈って、キミを安らかな場所に連れて行ってくれるなら、いくらでも祈るんだけど。


そこまで子供でもないんだよね。








雨の中で歌って遊んでるのが楽しくて、全然気付かなかったガラスの向こう。


恐ろしく綺麗な顔を歪ませて、腕を組んで今にも舌打ちしそうな、帝王様が睨んでいらっしゃる。








ひ〜〜〜〜〜(泣)









from 「SUN/星野源」

always with you <M>→←◆2



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (35 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
58人がお気に入り
設定キーワード: , 能力
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:黒衣 | 作者ホームページ:http:/  
作成日時:2016年2月18日 8時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。