占いツクール
検索窓
今日:1,341 hit、昨日:1,888 hit、合計:426,624 hit

恋敵がいた日::: ページ37

〇時透無一郎・時透有一郎


貴女が甘えられたり可愛らしい言動をされるのに弱いのを知っていて 自分の利器を惜しげも無く利用していく無一郎くん、

対して、わかってはいるけど気恥しさが勝ってしまい素直になれない有一郎くん。

べったりくっついて甘える無一郎くんに「みっともないだろ…!」と言いつつそわそわ。

「兄さんも本当は甘えたいんでしょ?」

我慢しなくていいのに、と首元に擦り寄る無一郎くん。有一郎くんは予想していなかった動きに顔を赤くする貴女を見てむっとします。

と、ずいずい寄ってきて貴女の手を掴み

「…何でれでれしてるんだよ」

厳しい視線を向けられて思わず謝ろうとする貴女にぴったりとくっつく形で腰を下ろします。

「別に…俺は甘えたいわけじゃないけど」

貴女の手に手にちょみっと触れ、まごつきながら

「あ……甘やかしたいなら、好きにすれば」


〇不死川玄弥・栗花落カナヲ


どちらも、貴女の気を引きたいけれど 割り込むようなことをして嫌われたら…ということで中々積極的になれません。

互いに恋敵なのは知っていますが、貴女を困らせたくないという思いがかなり強いので 絶対にそれを貴女に悟らせません。

「私は…Aが好き、友達としてじゃない」

「……俺だってそうだ。引き下がる気、ねーから」

ゆえにこういった牽制も貴女が居ないところでしかしません。

困らせたくない、でも二人とも退く気など更々ないので 水面下ではこういうことがままあります

しかし貴女が好きすぎて常時隣の芝生は青い状態。

貴女の対応に差があるわけではありませんが、どうしても貴女が自分といる時より楽しそうに見えてしまい

「……Aは私のこと好き?」

慎ましながらも、我慢できずこういうことを聞いちゃうこともあります

恋敵がいた日::::→←恋敵がいた日::



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (407 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1167人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ぽん(プロフ) - りついちさん» ありがとうございます…!気に入って頂けていたら嬉しいです…!! (3月26日 12時) (レス) id: e97993cf2a (このIDを非表示/違反報告)
りついち - 絵も…文も…お上手とか…なんて才に恵まれた……好きです…(唐突) (3月23日 21時) (レス) id: 9c40eb9251 (このIDを非表示/違反報告)
ぽん(プロフ) - さとりさん» 承知しました!ありがとうございます! (3月21日 21時) (レス) id: e97993cf2a (このIDを非表示/違反報告)
さとり - 黒死牟の閉じ込める系ヤンデレ小説読みたいです!かけれたらでいいのでお願いします! (3月21日 14時) (レス) id: c7e6dd6579 (このIDを非表示/違反報告)
ぽん(プロフ) - ぐるみさん» もちろんリクエスト頂ければおかきします! (3月14日 10時) (レス) id: e97993cf2a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ぽん | 作成日時:2020年1月26日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。