占いツクール
検索窓
今日:513 hit、昨日:2,041 hit、合計:57,919 hit

47. ページ3

沈黙に耐え兼ねてどうにか逃げ出せないかと考え始めたとき、名前を呼ばれて反射的にその顔を見上げる。

と同時にその顔が降りてきて、驚きはするものの身動きは取れない。

どうしようもなくなって強く目を閉じると、頬にそっと掌が触れた。


「その、表情は」


触れた掌は強張っていて、少し冷たい。


「受け入れられた、と…取っていいのか」


確かめるように尋ねてくる覚束無い声と、不安げな瞳が真っ直ぐに向けられる。


「……」


あの日のままだ。

義勇はあれから沢山努力をして、傷付いて、何度も何度も立ち上がった。

だけど今目の前にいる義勇は、確かに私たちと一緒に居たあの日の義勇だった。

笑顔が可愛らしくて、子供らしく駆け回っては、拗ねたりいじけたりする

人一倍努力家で、負けず嫌いで優しい


「……うん」

「!」


私が頷くと、義勇は一瞬身体を揺らして、私の肩口に顔を埋める。


「…お前のことは、何に代えても護る」


顔を挙げないまま、義勇が呟くように声を出す。


「傷付けさせない…絶対に、不自由もさせないし、優しくする…」

「っふふ、そうなの?」


最後の方はちょっとよく分からないけど

義勇は私を押さえていた手を退けると、その腕で私を抱き竦めた。


「幸せにする、必ず」


苦しいくらいに抱き締めてくる義勇の頭を撫でると、一瞬緩んだかと思った腕の力は余計に強くなった。

48.→←46.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (154 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
322人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 冨岡義勇   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ぽん(プロフ) - 時雨さん» んんありがとうございます!!少しでも楽しんでもらえたなら何よりです!! (7月17日 22時) (レス) id: e97993cf2a (このIDを非表示/違反報告)
時雨 - なにこれ可愛い… (7月17日 21時) (レス) id: 0afcbfa6c1 (このIDを非表示/違反報告)
ぽん(プロフ) - 703さん» ありがとうございます!!ちまちました更新でしたが楽しんでいただけて良かったです!お付き合い頂きありがとうございました!! (7月1日 13時) (レス) id: e97993cf2a (このIDを非表示/違反報告)
703(プロフ) - 完結お疲れ様でした!すごく面白かったです!義勇さん大好きなので更新の度キュンキュンしてました!!ありがとうございます! (7月1日 1時) (レス) id: 484f1c0061 (このIDを非表示/違反報告)
ぽん(プロフ) - 梨乃さん» お付き合い頂きありがとうございました!冨岡さん書くの楽しいので、またちょろちょろ書いていきたいと思います! (6月30日 18時) (レス) id: e97993cf2a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ぽん | 作成日時:2019年6月12日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。