占いツクール
検索窓
今日:843 hit、昨日:1,624 hit、合計:234,034 hit

不死川√・無一郎√ ページ19

〇不死川√を選んだ貴方

「俺で良かったのか?」
「えっ…?」

不死川さんは少しぶっきらぼうに言うと、先程買っただこ焼きを口に放り込む
耳まで少し赤くなっているのは、私の見間違いじゃないだろう

「私は不死川さんと2人でお祭りに来たかったんですから、いいんですよ」
そう言って私もたこ焼きを食べる

「そうか…来年も絶対に2人で来ような」
「はい」

私は力強く頷くと、不死川さんは柔らかく笑って繋いだ手をとり、そこに優しく接吻した
手の甲の接吻は敬愛の意味

・……
不死川さん√でした。
夢主ビビりじゃ無くなってますね(;^_^A



〇無一郎√

「歩くの遅いって…怪我したの?」
「ご、ごめん!私は神社で休んでるから先にお祭り見て回っていいよ」

履きなれない靴に、靴擦れを起こしてしまった私に無一郎は呆れたようにため息をつく

「1人で見て回っても面白くないでしょ、ほら、運んであげる」

そう言うと、無一郎は私を横抱きにしてスタスタと神社の方に歩いていく

「お、重くない?」
「こんなの重いうちに入らないし、むしろもっと食べたら?軽いよ」

慌てふためく私をよそに、無一郎は座れる場所を探して、そっと私を置いた
靴を脱いでみると、確かに、赤く腫れている
これでは、今日はお祭りは歩けそうにない…

「ごめん、私のせいで、お祭り回れなくて」

私はシュンと項垂れて、無一郎に呟いた

「なんで謝るの?僕としてはAと2人きりでいられて嬉しいんだけど」

そう言うと、無一郎は私をそっと抱きしめる
耳元に無一郎の唇が当たって赤くなる

「このままじゃ、帰れないでしょ?僕の家にこのまま運ぶから」

………
無一郎君√でした
うまく書けなくて申し訳ない;

伊黒√・冨岡√→←煉獄√・宇髄√



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (128 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
254人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 夢小説 , 逆ハー   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

きく猫(プロフ) - りなさん» こちらこそ、リク有難うございますヽ(*´∀`)ノ (8月19日 5時) (レス) id: 3ef4a4676f (このIDを非表示/違反報告)
りな - きく猫さん» 書いてくださりありがとうございます!!凄く良かったです!!応援してます!! (8月19日 2時) (レス) id: 55c1958e88 (このIDを非表示/違反報告)
きく猫(プロフ) - 美桜さん» リク有難うございます ^^) _旦~~頑張って書いてみます!載せる時は弐の方に載せたいと思います。 (8月18日 17時) (レス) id: 3ef4a4676f (このIDを非表示/違反報告)
きく猫(プロフ) - 美桜さん» こちらこそ、有難うございます!ギャグにしようか迷ってたらお館様が大変な事になりました(;^_^A (8月18日 16時) (レス) id: 3ef4a4676f (このIDを非表示/違反報告)
美桜 - またリクエストいいですか?夢主柱で夢主と柱達が骨休めに夢主の実家の旅館に泊まる。夜中に鬼が旅館に火をつけて爆発してパニック。鬼を見つけて倒す。お願いします。 (8月18日 16時) (レス) id: 87339a530e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:きく猫 | 作成日時:2018年8月13日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。