占いツクール
検索窓
今日:220 hit、昨日:1,048 hit、合計:230,278 hit

2・微ピンク ページ2

「お、お風呂先に入っちゃっていいよ」

上ずった声で時透君にお風呂を進める、その間にご飯も作りたいし
と、思った瞬間、何故か私を横抱きする時透君

「なっ・・・えっ・・・・・・・・・・・えっ!!」

混乱してる私を尻目に時透君はスタスタとお風呂場に向かう


「あ。あの夕飯作りたいんだけど・・・」

オロオロとしてる私がそう言うと

「僕はAが食べたい」

あんたは鬼ですか!!
という、ツッコミも出ず、そのまま脱衣所をガラガラと開ける
そこでそっと下ろしてもらうと、そのまま時透君は服を脱ぎ出す


「あわっ!!・・・ご、ごめん!!」

何故か私が赤くなり後ろを向いてしまうが

「なにやってるの?Aも脱いで」

頭が思考停止する、脱ぐ。何故に?

「2人でお風呂入った方がいいでしょ」

「で、でも、お風呂狭いし」
「大丈夫、2人で入れるぐらいはあるよ」
「ご飯作らなきゃだし」
「さっきも言ったけど、僕はAがいい、先の入って待ってるからね」

そう言って、お風呂に先に入ってしまった

ど、どうすればいいの・・・・
で、でも家に招いたのは私だし・・・・・・・・あーもう!!

自棄糞気味に服を脱いで、タオルでしっかりと身体を隠してガラッと入る

「やっときた」

「あ、あんまり見ないで」

タオルを巻いてるだけどは言え、恥ずかしさのあまり卒倒しそうだ

真っ赤になった顔をを下に向けて立ってると、時透さんが近づいてきて顔をひょいと上げさせられる

「なっ・・・ふっ・・・やぁ」


顔が近づいてきて最初は軽い口づけからはじまり、だんだん舌を絡ませてくる濃厚な接吻にかわる

「ふぁ・・あ・・・・と、きとう・・・」

息が続かなくてドンドンと彼の胸板を叩くと、銀の糸をひきながらやっと離してくれたが
その余韻に浸りすぎて時透君に身体をあずけてしまう
この男、一体どこでこんな事学んできたんだ・・・

そう思ってると、耳元で

「今夜は長いからね、寝かせないよ」



・・・・・・・・・
初の鬼滅の刃、夢小説書いてみました
あまり時透君に似てないですね、すいません。。。

この先も書こうか悩み中。

野宿で貴方と・冨岡 義勇→←感情が出てくれた彼・時透無一郎



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (126 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
253人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 夢小説 , 逆ハー   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

きく猫(プロフ) - りなさん» こちらこそ、リク有難うございますヽ(*´∀`)ノ (8月19日 5時) (レス) id: 3ef4a4676f (このIDを非表示/違反報告)
りな - きく猫さん» 書いてくださりありがとうございます!!凄く良かったです!!応援してます!! (8月19日 2時) (レス) id: 55c1958e88 (このIDを非表示/違反報告)
きく猫(プロフ) - 美桜さん» リク有難うございます ^^) _旦~~頑張って書いてみます!載せる時は弐の方に載せたいと思います。 (8月18日 17時) (レス) id: 3ef4a4676f (このIDを非表示/違反報告)
きく猫(プロフ) - 美桜さん» こちらこそ、有難うございます!ギャグにしようか迷ってたらお館様が大変な事になりました(;^_^A (8月18日 16時) (レス) id: 3ef4a4676f (このIDを非表示/違反報告)
美桜 - またリクエストいいですか?夢主柱で夢主と柱達が骨休めに夢主の実家の旅館に泊まる。夜中に鬼が旅館に火をつけて爆発してパニック。鬼を見つけて倒す。お願いします。 (8月18日 16時) (レス) id: 87339a530e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:きく猫 | 作成日時:2018年8月13日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。