占いツクール
検索窓
今日:52 hit、昨日:76 hit、合計:16,200 hit

第6話 VS帝国 ページ8

そしてついに、帝国学園との練習試合当日になった

グラウンドでの様子を、少し離れた木の下で見ている豪炎寺とA


10−0で前半は終了し、選手達の様子からその試合の様子が伺える

後半が始まっても、その差は圧倒的だ



19点目が入った時、目金以外はもう立ち上がれなかった

それを見てエースナンバーの10番を脱ぎ捨て逃げて行く目金


そのユニフォームは、豪炎寺の前に落ちた



円堂「まだ…だ……!まだ…終わってねぇ…!まだ、終わってねーぞぉ!!」



それを心配そうに見ていたAだが、ふと視界に見覚えのある少年が映る

手招きしている彼に首を傾げながらも、小走りでそちらへ向かう


背を向けていた豪炎寺は、またAの動きに気付く事ができない



貴「あなたこの前の…どうしてここに?もしかして、ここの生徒?」


ミストレ「いや。ただコレを見に来ただけだ」



顎でグラウンドをさすミストレに、Aは少しほっとした表情を浮かべた



貴「良かった……」


ミストレ「は?」



思わず口から声が零れる



貴「このまえ話した時、もしかして貴方はサッカーが嫌いなんじゃないかと思って…でも試合を見に来たって事は嫌いじゃないんだよね!」



嬉しそうに笑うAに、少し混乱している様子のミストレ



ミストレ「そんなわけないだろ!サッカーをしていたが為に起こる出来事もある!!」


貴「うん」


ミストレ「サッカーのせいで、失うものがある」


貴「…うん」


ミストレ「サッカーは、不必要だ」


貴「……それは、違うよ」



頷いていたAが、その言葉を否定する

第7話 名前→←第5話 もしも



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (36 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
37人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

鈴松信@違反報告する時は声かけてね(´;ω;`)(プロフ) - うわぁぁぁぁ、これは…なんとも切ないぃぃぃ…めちゃ感動しました!(´;ω;`) (12月9日 12時) (レス) id: e085487720 (このIDを非表示/違反報告)
raku(プロフ) - めちゃくちゃ好きです...!ありがとうございました!! (2018年7月26日 14時) (レス) id: 77cb868258 (このIDを非表示/違反報告)
KANA(プロフ) - ミストレの小説もっと作ってほしいです! (2018年6月9日 0時) (レス) id: 7cbd7746b4 (このIDを非表示/違反報告)
KANA(プロフ) - めっちゃ面白いです! (2018年6月8日 0時) (レス) id: 7cbd7746b4 (このIDを非表示/違反報告)
Fukumin - とても最高な小説でした。゚(゚´Д`゚)゚。また、こういう小説を書いて欲しい(´・ω・`) (2018年5月15日 18時) (レス) id: b430bf22da (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:マシマロ王子♪ | 作者ホームページ:http://uranai.nosv.org/u.php/hp/masipage/  
作成日時:2018年4月29日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。