占いツクール
検索窓
今日:31 hit、昨日:53 hit、合計:16,232 hit

第2話 シュート ページ4

男「あれ?雷門中じゃねえの。部員の全然いねえ弱小サッカー部ですよ」


安井「くだらねぇ、ガキ相手に玉蹴りかぁ?」


男「安井さん、お手本見せてやっちゃあどうです?」


安井「いいねぇ、やってやろうじゃねーの?ペッ!」



ボールに唾を吐きつけた安井に、円堂だけでなく豪炎寺も反応する



安井「あーらよっと!!」



ボールを蹴るが、勢いのあまり後ろに倒れる

放たれたシュートはベンチにいたマコの元へ



ダッ


豪炎寺「はぁっ!」



思わず駆け出した豪炎寺が、そのボールを蹴り返し

それは安井の顔面にヒット



スタッ


男「や、安井さん!!て、てめぇ…!!ひっ」



豪炎寺に睨まれ、言葉を失う



男「お、おお覚えてろよぉ!!」



男は捨て台詞を吐いて、安井を担ぎ走り去って行った



まこ「ありがとう!」



豪炎寺はお礼をいうマコを見て優しく微笑み、Aのいる方へ戻って行こうとすると



円「待ってくれ!!お前のキックすげぇな!サッカーやってるのか?ねえ、どこの学校なんだ?よかったら一緒に練習しないか!?」



円堂が駆け寄ってきて、興奮しながら話してくる

そんな円堂を一見し、豪炎寺は再び足を進めた



貴「かっこよかったよ豪炎寺くん。良かった、あの子が無事で……」



ほっとしたような表情で微笑むAを

豪炎寺は少し困ったような表情で見て、その頭をクシャリと撫で先を歩く



貴「あっ待ってよー!」



豪炎寺を追いかけるAを、少し離れた場所から見ている者がいた



「ふ〜ん……アレがターゲットの子か」

第3話 廃部?→←第1話 河川敷



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (36 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
37人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

鈴松信@違反報告する時は声かけてね(´;ω;`)(プロフ) - うわぁぁぁぁ、これは…なんとも切ないぃぃぃ…めちゃ感動しました!(´;ω;`) (12月9日 12時) (レス) id: e085487720 (このIDを非表示/違反報告)
raku(プロフ) - めちゃくちゃ好きです...!ありがとうございました!! (2018年7月26日 14時) (レス) id: 77cb868258 (このIDを非表示/違反報告)
KANA(プロフ) - ミストレの小説もっと作ってほしいです! (2018年6月9日 0時) (レス) id: 7cbd7746b4 (このIDを非表示/違反報告)
KANA(プロフ) - めっちゃ面白いです! (2018年6月8日 0時) (レス) id: 7cbd7746b4 (このIDを非表示/違反報告)
Fukumin - とても最高な小説でした。゚(゚´Д`゚)゚。また、こういう小説を書いて欲しい(´・ω・`) (2018年5月15日 18時) (レス) id: b430bf22da (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:マシマロ王子♪ | 作者ホームページ:http://uranai.nosv.org/u.php/hp/masipage/  
作成日時:2018年4月29日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。