占いツクール
検索窓
今日:7 hit、昨日:8 hit、合計:3,757 hit

2時間目 嫌悪 ページ3

.

 

私と白川奏多は犬猿の仲である。
それは最早クラスの中で周知の事実だった。



「……なに、今度は何やったの?」



声を掛けてきたのはクラスの中でも仲のいい友達だ。
私がまた奴と喧嘩したと聞いてこうしてやってきたらしい。

あいつが点数でマウント取ってきたから喧嘩になったのだと言えば
目の前の友達はまたかよと小さなため息をつく。

またかよ、か。私も全くその通りだと思う。



「そもそもなんであんたらいっつも顔合わせると喧嘩しかしないの?
 単体だと頭良いくせに2人揃うと頭悪いよね、」

「いや大概吹っ掛けてくるのはあっちなんだって、
 ほんと私が何したんだって感じじゃない?」



そう、大抵喧嘩の火種を作るのは奴の方だった。
まあ、此方に非があるのなら甘んじて受け入れようという気にもなる。
だが奴は、くっっっっそみたいな理由で私に突っかかってくるのだ。

やれ点数がどうだの、お前のやり方がどうだの、本当に意味が分からない。



「えっ、なんか思い返せば思い返すほど苛ついてきたな、
 何なんだろあいつ、そもそも嫌いなら関わってくんなよって話でしょ」

「いやなんかごめん、私の話題振りが悪かったわ」

「違う違う、悪いのは彼奴だから気にしなくていいよ」



その後も取り留めのない話を少ししたところで
次の授業の開始を告げるチャイムが鳴りその話題は終了した。

教室に入ってきた先生が着席を促す声と共に席に着けば、
斜め前で座る奴の、恐ろしいほどに背筋を伸ばした忌々しい後ろ姿が嫌でも視界に入ってくる。



――――何故、奴は突っかかってくるのだろう。



皺1つないシャツを身に纏う
奴のよく伸びた背筋を見ながら、突如そんな疑問が浮かんだ。

考えてみれば、奴の私に対する好感度は最初から地に落ちていたように思う。

初対面からあの不遜な態度で、
いつも眉間には皴が寄っていて。
如何にもお前が嫌いだとでも言いたげな表情で。

一体私が何をしたというのだろうか。ああ、もう。



―――――――此方だって大嫌いだ。



思わず心の中でそう毒づけば、
私の殺気(?)に気付いたのか奴がくるりと振り返る。
目が合ったかと思えば、奴はフン、と鼻で笑い再び前を向いた。


なんだその態度は。ああ、くそ。むかつく。


再び視界に入ってきた奴の背中を思い切り睨みつけてやったが、
その後、奴が再び振り向いてくることはなかった。



.

3時間目 決壊→←1時間目 犬猿の仲


ラッキーアイテム

真宮寺陽のピアス


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.6/10 (31 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
14人がお気に入り
設定キーワード:オリジナル , 恋愛 , ケンカップルは至高   
作品ジャンル:ラブコメ, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ぴのいちご(プロフ) - 夜澄ソラさん» お褒めの言葉頂き嬉しいです……!元々自己満足で自分の好きな物を詰め込んだだけのものなので好き嫌いは別れても致し方ないのかななんて思います、コメントほんとにとっても嬉しいです、ありがとうございます! (1月5日 23時) (レス) id: 30f259b2ae (このIDを非表示/違反報告)
ぴのいちご(プロフ) - 颯貴さん» 初めて長編小説を書かせて頂いたのですがそう言っていただけてとても嬉しいです……!これからもゆるゆる更新させて頂きますのでよろしくお願い致します……! (1月5日 23時) (レス) id: 30f259b2ae (このIDを非表示/違反報告)
颯貴(プロフ) - 夜澄ソラさん» ほんとにそれ。(あっFF外から失礼します)なんでこんな低評価なん?理解できないんだけど (1月5日 23時) (レス) id: b9ddb7cad4 (このIDを非表示/違反報告)
夜澄ソラ(プロフ) - 一気に読んでしまいました。こんなに評価が低いのが理解できないくらい面白かったです……!続きも楽しみにしています! (1月5日 23時) (レス) id: 1c9f7aabed (このIDを非表示/違反報告)
颯貴(プロフ) - おもしろかったです!普通に書店に並ぶ本を読んでたみたいで笑いかにも文才ある感がある文章でそれに比例する内容の面白さ、とても面白かったです!続き待ってます(*´ω`*) (1月5日 20時) (レス) id: b9ddb7cad4 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ぴのいちご | 作成日時:2021年1月3日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。