占いツクール
検索窓
今日:811 hit、昨日:217 hit、合計:250,264 hit

84 ページ34

事務所を出たら




?「Aちゃん。」



かつて一番生意気だったけど一番うちを信頼してくれてた西畑大吾がおった。



「大吾、あの時はなんも聞かないでくれてありがとう。」




家族葬の時、たくさん聞きたいことあるはずなのになんも聞かないでいてくれた。





大「やってAちゃんが望んでなかったから。」




生意気なくせに人の気持ちをよく理解してる。




大「東京ドームおったんやろ?」




まさか大吾までバレとるとは思わんかったな。




大「今日、この後空いてる?」




なんか断れなかった。いつもそうやった。

85→←83



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (225 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
949人がお気に入り
設定キーワード:SnowMan , 向井康二 , 関西ジャニーズJr.
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ゆさ(プロフ) - 嵐さん» ありがとうございます!! (11月24日 20時) (レス) id: 2a434ea588 (このIDを非表示/違反報告)
- 移行おめでとうございます。更新頑張って下さいね (11月24日 19時) (レス) id: 80d875bb15 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ゆさ | 作成日時:2019年11月13日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。