検索窓
今日:10 hit、昨日:4 hit、合計:12,371 hit
ボクに話しかけてくる人達は。



「暁山って、なんでそんなカッコしてるわけ?」




いつも。




「周りに合わせられないの?」



ボクの事を分かってくれない。


みんなみんなそうなんだ。


だからボクは、諦めていた。



『あ、暁山さんっ…』



そう、きっとこの子も________



『そのリボン、どこで売ってるの?』




「…………え?」










こんにーご。
思いつきで作りました。
多分すぐ消します。執筆状態:連載中

苗字、あだ名の設定が可能 (設定する)未設定









おもしろ度の評価
  • Currently 9.95/10

点数: 10.0/10 (100 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
158人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

まあくん😈💜 - 可愛すぎるっ❤ (7月8日 8時) (レス) @page5 id: 6bd2d0b25e (このIDを非表示/違反報告)
リリィ - めっちゃ好きですこれからも頑張って下さい!応援してます! (8月24日 22時) (レス) @page5 id: 7576c96bf5 (このIDを非表示/違反報告)
ずんどこずんどこ - こうしんがんばってくださいね (2023年7月21日 18時) (レス) id: cc03167c13 (このIDを非表示/違反報告)
莉詩奈(プロフ) - 他界隈が失礼します。オ.リ.フ.ラ立っちゃってますよ!更新頑張ってください! (2023年7月21日 9時) (レス) id: 40cb652138 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作成日時:2023年4月19日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。