占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:33 hit、合計:583 hit

こんな私にも ページ7

出張から帰ってきたら人が増えてて驚いたあの日から数日経ち、ようやく勝ち取った休み。上司は長期出張帰りにも関わらず1日しか休みをくれなかった……まぁ派遣なんてこんなもんだよね。というか休日の申請を指定してなかった私が悪い…やっちまったなァ




喉も乾いたし顔も洗いたいしで仕方なく扉を開いたら学生たちがいた

……あ、今日は日曜日だからか



「Aさん、おはようございます!」

『咲也くんおはよ〜日曜なのに元気だね』


ピンク髪の咲也くんはほんといい子だと思う。こんな私にも気付いてくれて、なんなら挨拶までしてくれる。あ〜天使ってこういう子の事を言うんだなぁ…



時計を見ると9時20分

今日は服でも買いに行こうかな〜なんて考えてたから、歯磨きもしてさっさとリビングを後にした








------------------







「あんまり話したことないけど監督の妹ってどんな人なの?」


幸が誰へでもなく問うと一成が口を挟んできた


「確かにー!妹ちゃんってまともに話すのサクサクくらいじゃなーい?」


「ボクたちとあまり時間も合いませんし、話す機会が少ないですよね…」


「サンカクすきかなー?」


「俺は監督がいればなんでもいい」


「まっすーはブレないねー!!」


「コミュ力高男は朝からうるさすぎ」



わいわいがやがやと(主に一成が)話していると至と万里が起きてきた



「おは〜」

それに気づいた咲也がすかさず挨拶をしていた

「お2人ともおはようございます!今日はいつもより早いんですね!」


咲也に気付いた至がスマホの画面を見せる


「おはよ咲也。さっそくだけどタップお願いしていい?」


「至さん散々ドブったのにまだ回すのかよ…」


「もち。咲也のために課金もしといた」


「いたるんもブレないねー!」


「当たり前。出るまで回す。それに課金は裏切らないしね」


通常の会話をしていると東や誉がリビングへと入ってきた


「みんなおはよう。朝から何を盛り上がってるんだい?」


「おはよあず姉。監督の妹とあんまり話したことないねってみんなで話してた」


納得したような表情の東は幸の隣へ座り言葉をつづけた


「ボクは何度か話したよAちゃんと。口数は少ないけど礼儀がしっかりしてる子だったよ」



東がそう言うとリビングの扉が再び開いた

「オレもついて行っていい?」→←勝手にすればいいと思うよ



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 5.5/10 (4 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
13人がお気に入り
設定キーワード:A3
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

たく(プロフ) - 、さん» うっかり見落としていました。ご指摘ありがとうございます。 (7月13日 13時) (レス) id: 77ece4c2b6 (このIDを非表示/違反報告)
- オリジナルフラグちゃんと外しましょう。違反行為です (7月13日 10時) (レス) id: 73f2082a91 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:たく | 作成日時:2018年7月13日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。