占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:11,939 hit

56 ページ10

玲於side


玲「……ちょっと、亜嵐くん。」


亜「え!?あ!...なに!玲於!」





挙動不審過ぎるでしょ。

みんなにバレるじゃん。




玲「……気にしなくていいから」

「別に亜嵐くんと(名前)の仲を切り裂こうなんて考えないし」



亜「……ん、わかった」

「ありがと、玲於」




俺ねー





亜嵐くんすきなんだよねー



……亜嵐くんいい奴なんだよ。

メンバーのことめっちゃ考えてくれるし、

いつも俺らを引っ張ってくれる。


亜嵐くんは、GENERATIONSになって
自由を失った
って言ってたことあるけど


ほんとその通りなんだよね




……だから、俺は
(名前)の自由な感じに憧れてたのかもしれない。


無いものねだりってゆうやつ





だから、俺は別に(名前)のことを特別視してない。
(名前)に対して無いものねだりしてた。



うん。







.







.




そうゆうことにしよう。

その方が、皆幸せになるはずだから。



.

57→←55



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (29 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
223人がお気に入り
設定キーワード:佐野玲於 , GENERATIONS , 白濱亜嵐
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:片寄 | 作成日時:2017年1月11日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。