占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:5 hit、合計:12,479 hit

55 ページ9

玲於side


涼太くんと呑みまくって今日はリハ



……亜嵐くんもう知ってるよな笑





別にそこまで気にしないから
普通に喋るけど

問題は亜嵐くんなんだよね



あいつ無駄に気を使うから




チラチラこっちみて
様子うがかってくるんだよね、亜嵐くんって



いい性格だとは思うけどさ
俺はやめてほしいわけよ

気にしてないんだからさ笑




……やーめた。
まぁなんでもいいや。






玲「はよーございます」


隼「おはよ!玲於!」


龍「お、なんや。顔色悪いやんけ」


メ「あれ。ほんとだ」


玲「え、まじ?」


涼「あれでしょ、二日酔い」


隼「え、また涼太くんとデートしたの!?」




ったく、デートって。



涼太くんも満更でもない顔しやがって。
デートじゃねぇよ。


結局、涼太くんに弄られて終わったわ。




てか、裕太くんなにやってるの。
なんで頭フルフルしてんの。





亜「おはようございます!!」


GENE-亜「おはよー」





……ほらやめろよ、亜嵐くん。

チラチラこっち見ないでよ。


.

56→←54



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (29 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
214人がお気に入り
設定キーワード:佐野玲於 , GENERATIONS , 白濱亜嵐
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:片寄 | 作成日時:2017年1月11日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。