占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:2 hit、合計:12,481 hit

51 ページ4

亜嵐side



やっぱり、なんかあったんだな。


……あると思ったよ。


ないわけがない。




亜「ん、おいで」



求められてるものを俺は(名前)に渡さなきゃ。


ねぇ、(名前)

揺れてるの??

玲於に揺れてる?

ねえ……


玲於のほうに行っちゃうの……??




あ「………………会いたかった、」


「亜嵐くん……。」




会いたかった……。


あーくそ。

不安すぎる。


何言ったんだよ、玲於。






亜「玲於に何か言われたの??」




あ「好きだよ。って。」


「……私、亜嵐くんが1番好きなの。」




「玲於くんになんて言えばいいの……!」





…………あぁ。



なんだ。



(名前)は玲於より俺が大事なんだね。



安心したよ…。


よかった。






俺が(名前)にたくさん愛情を注げば
そのふあんもなくなるでしょ?


単純な俺の考えだけどね!






亜「……俺ね」



「一目惚れだったんだよ、(名前)に」





.

作者→←50



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (29 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
214人がお気に入り
設定キーワード:佐野玲於 , GENERATIONS , 白濱亜嵐
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:片寄 | 作成日時:2017年1月11日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。