占いツクール
検索窓
今日:23 hit、昨日:30 hit、合計:20,148 hit

ドタバタ ページ14




石井 「東山は?」

美琴 「先帰りました。」

石井 「薄情な奴やな…。」


心配そうにアタフタする石井さん。

そうこうしているうちにまた人が。


新山 「うーっす。あれ?美琴どした?!」

石井 「熱出たらしくて。」

新山 「マジ?」


さや香2人でどうしようかと会議を始めた。


美琴 「すいません、帰ります。」

新山 「ちょちょ、危ないから!」

石井 「無理すんなて!」

木 「何の騒ぎ?」


騒ぎを聞きつけたのか、祇園の木さんが来た。


石井 「熱あるのに1人で帰ろうとして…!」

櫻井 「熱?!長崎、寝てた方がいいよ。」


どこからともなく木さんの相方、櫻井さんが来た。


昴生 「なんだなんだ。」

新山 「美琴が熱出して…。」

亜生 「熱?!病院行かな!!」


うるさいのが増えた。


昴生 「連れてく言うてもどうやってやねん!」

亜生 「うーん……。」


新山 「しゃーない。俺が連れてったる。」

新山くんはおもむろに私の前にしゃがんだ。


美琴 「え?」

新山 「早く行くぞ。」

木 「イケメンだ…。」

櫻井 「イケメン……。」

亜生 「にーやんのくせにカッコイイ…。」

石井 「大丈夫かな長崎ちゃん…。」


私は朦朧とした意識の中、新山くんにおぶられて

近くの病院へ向かった。


──────
医者 「インフルですね。」

新山 (美琴よく1人で帰ろうとしたな。)

インフルエンザ→←流行に乗っかって



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.8/10 (19 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
51人がお気に入り
設定キーワード:芸人 , 吉本興業 , 鯨人   
作品ジャンル:タレント
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:芥子 | 作者ホームページ:http://Twitter.com/Peach_fry  
作成日時:2018年2月27日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。