占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:125 hit

3話 ページ4

「A、来年受験でしょう。どうするの。」









水曜日。









いつものように散歩から帰れば、母親にそんなことを言われた。









「勉強できるんだから、いいとこ目指しなさい。」








それが、おばさんの口癖。








「将来のためだ。今頑張りなさい。」









それが、おじさんの口癖。









中学受験で学校選びを失敗。








そのせいで学校を退学、公立中学校に転校。








それが私の経歴。








中学受験用の都立模試で上位50名に名前が載った。









そのせいか、前からあった私への期待は大きい。








私は、学校に行けてないのに。








私は、人と関わるのが嫌なのに。

4話→←2話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 0.0/10 (0 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
設定キーワード:オリジナル , 不登校 , 完璧主義 , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:カノン | 作成日時:2021年1月12日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。