占いツクール
検索窓
今日:1,365 hit、昨日:1,068 hit、合計:218,887 hit

70 ページ6

それから手がかりであろう迦楼羅(カルラ)に重点を置き調べるものの矢張り有力な情報は得られない

未知数すぎる力に頭を抱える

だけどその中でも一つわかったこと。






この間の不動護摩供で舞ったあの舞いのことだ。あれはただの桜庭家の伝統的なものだと思っていたがそれは違って、あれも俺が生まれて数百年ぶりに踊られたものだった

不動明王の力を受け継いだ者しか踊れない舞








壱の舞は迦楼羅への舞

弐の舞は羂索(けんじゃく)

参の舞は倶利伽羅へ






俺は何も知らなかった

家のことも俺自身のことも呪術のことも









迦楼羅(カルラ)、俺はお前のことを見えるようになるかな。』









俺には見えないそれを迦楼羅と決めつけることにした

そっちの方が希望が持てるような気がしたからだ







『お前のために踊ってやろうか?』






って、返事は聞こえないけれど多分そばにいるそれに話しかける









_








『恵、ちょっとお願いがある』





部屋に尋ねてきたAに付いていくと着いたのは校舎内の道場、近接の手合わせかと思いきや部屋の中央部に膝をつき正座をしたA









『これから桜狩り壱の舞を舞おうと思うんだけど、迦楼羅(カルラ)に見せたいんだ。俺のそばにいる?』


「パーカーのポケットの中にいるぞ」






指差したそこには定位置と化したようにポケットに潜り込んでいるひよこ

Aが指示をだすとそれはあいつの服から出てきて俺の横に寄ってきた








『恵には迦楼羅の様子を見て欲しいんだ、なんか変化あるかも』


「わかった」







2つ返事で俺はその場に座るとAは扇を取り出しそのままそれで顔を隠すと雅楽が流れ始めた

71→←69



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (352 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1968人がお気に入り
設定キーワード:呪術廻戦 , 男主
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ミラ(プロフ) - 要さん» あまあまのあまが見たいです!!絶対ドロドロでしょ笑 真綿に包んでそっと大切に宝箱に仕舞い込んでそうな感じしません??ふふふふ (1月17日 22時) (レス) id: 23e9cd344d (このIDを非表示/違反報告)
ミラ(プロフ) - 要さん» あまあまのあまが見たいです!!絶対ドロドロでしょ笑 真綿に包んでそっと大切に宝箱に仕舞い込んでそうな感じしません??ふふふふ(^ ^) (1月17日 22時) (レス) id: 23e9cd344d (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - ミラさん» リクあじゃっす!!でも今でも結構ごじょせんあまあまのあまよ。もっとあまあまにしてってことかいな?ふふふふふ (1月17日 22時) (レス) id: dc654e081f (このIDを非表示/違反報告)
ミラ(プロフ) - リクエストなのですが、夢主さんが女の子だったらバージョンも見てみたいです!絶対女の子なら五条先生ゲロ甘で距離感バグだろうな〜と思いまして笑笑 ご検討ください(o^^o) (1月17日 20時) (レス) id: 23e9cd344d (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - mさん» あぁぁ、mさんありがとうございます。そう言ってもらえてすごく嬉しい…うぅぅ、心に沁みてゆくありがとうございます。 (1月13日 22時) (レス) id: dc654e081f (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2020年12月14日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。