占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:46 hit、合計:111,104 hit
.



恋をしてはいけない人だと理解はしてた。


脳はその理解を軽々と無かったことにする程


私は貴方に溺れていたし、貴方も私に溺れていた。


"好き"と伝えた瞬間のあの男になる目が


堪らなく愛しくて、心から愛していた__。
.執筆状態:完結

































おもしろ度の評価
  • Currently 9.79/10

点数: 9.8/10 (135 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
323人がお気に入り
設定タグ:永瀬廉 , 平野紫耀 , King&Prince
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

涼宮美桜 - このお話めっちゃくっちゃ大好きです!これからも更新頑張ってください!応援してます!! (2019年8月9日 8時) (レス) id: 67fa9efd8d (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:China | 作成日時:2019年7月21日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。