占いツクール
検索窓
今日:1,538 hit、昨日:1,283 hit、合計:703,305 hit

♯秘密の特訓 ページ36

A side









学校を出た私達が向かったのは、
岩本照が通っているジムだった。









岩本「 すいません、奥使います 」









受付に声をかけた岩本照の後をついていくと、
プライベートルーム 瓩鳩納┐気譴辛屋。





私に配慮して、
この部屋を選んでくれたことが嬉しかった。









岩本「 さっきの続きだけど 」





『 はい 』





岩本「 まぁ、なんとなくは想像つくけど一応。笑

なんで 護身術 瓩覆鵑導个┐燭い錣院 」









一晩中考えた結果
私自身が強くなるべきだという結論に至ったわけで、

その為には
岩本照の弟子になるのが効果的だと思った。





そう正直に話すと、
岩本照は手を叩いて笑い始めた。









岩本「 お前のその脳みそで
一生懸命考えたわけな?笑

偉いぞーーー!笑 」





『 ちょ、ばかにしてません!? 』





岩本「 ちょっとだけしてる。笑 」









ぐしゃぐしゃにされた髪の毛を直しながら
睨んでみるも、岩本照には効果がないようだった。









『 もう1つお願いが… 』





岩本「 なに?笑 」





『 このこと、
他の人達には内緒にしてくれませんか? 』





岩本「 なんで?笑 」





『 止められそうなので… 』









あー。と天井を見上げた岩本照も
この意見には納得のようだ。





きっと脳裏には、
目黒蓮や渡辺翔太が浮かんでいるのだろう。









岩本「 言わないの?笑 」





『 言ったら、一緒に帰る!とか言いそうで… 』





岩本「 あー。笑

お前さすがだな!よく分かってんじゃん!笑 」





『 だから照さんだけで留めておきたいんです 』





岩本「 おっけーおっけー。

Aは線が細いからまずは筋トレしよう。
って言ってもゴリゴリの女は俺が好きじゃないから…

んー。そうだな。…週一にすっか! 」





『 ありがとうございますっ!! 』





岩本「 んじゃ早速、柔軟から始めよう 」









こうして、

岩本照監修のトレーニングが始まった。









♯公開告白→←♯言えない頼み



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (749 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3278人がお気に入り
設定キーワード:SnowMan , 学パロ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

leechan - 零さん» コメントありがとうございます!続編も頑張ります! (1月20日 21時) (レス) id: 3dac29f62b (このIDを非表示/違反報告)
leechan - おーやんさん» ありがとうございます!更新をお待ちください! (1月20日 21時) (レス) id: 3dac29f62b (このIDを非表示/違反報告)
- お話、すごく好きです!!続編楽しみにしてます! (1月20日 17時) (レス) id: f20013ee9d (このIDを非表示/違反報告)
おーやん(プロフ) - 楽しく読ませていただいてます!S9最高です!続編がでるの楽しみにしています!! (1月20日 12時) (レス) id: 7c71f694df (このIDを非表示/違反報告)
leechan - 祐莉さん» ご意見ありがとうございます!今後の更新を楽しみに待ってくださるとありがたいです! (1月19日 12時) (レス) id: 4afeda7977 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:leechan | 作成日時:2021年1月13日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。