占いツクール
検索窓
今日:638 hit、昨日:1,164 hit、合計:689,265 hit

♯強がり ページ33

A side









屋上に着くと、
もうすぐ夏になりそうな風の匂いがした。









目黒「 なんで庇ったの? 」





『 別にそういう訳じゃっ、 』





目黒「 庇うほどの価値なんてないでしょ 」





『 何言ってんの…? 』









価値とかそういうことで
相手を見ることなんてできるわけがない。









目黒「 結局あいつらは自分の立場を
守りたいだけじゃん 」





『 聞いてたの…? 』





目黒「 たまたま聞こえただけ 」





『 そっか 』









目黒蓮が教室にいるし 瓩
彼らが言った発言を思い出す。





それを聞いてたと知って、胸が痛くなる。









目黒「 なんでAが苦しい顔するんだよ。笑 」





『 だって、 』





目黒「 俺、勘違いしちゃうよ? 」









私の後頭部に手が置かれて、
お互いの額がコツンと軽くぶつかる。









目黒「 放課後、クレープ食いに行こうよ 」





『 …ラーメンがいい 』





目黒「 ふっはははは!笑 」









お腹を抱えて笑い出す目黒蓮の背中を静かに睨む。









『 なんで笑うの 』





目黒「 いいよいいよ。笑
よっしゃ、ラーメン食いに行こう! 」









なぜか、目黒蓮に握られた手を
いつものように振り払うことはできなかった。









♯大きな背中→←♯か細い訴え



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (747 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3302人がお気に入り
設定キーワード:SnowMan , 学パロ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

leechan - 零さん» コメントありがとうございます!続編も頑張ります! (1月20日 21時) (レス) id: 3dac29f62b (このIDを非表示/違反報告)
leechan - おーやんさん» ありがとうございます!更新をお待ちください! (1月20日 21時) (レス) id: 3dac29f62b (このIDを非表示/違反報告)
- お話、すごく好きです!!続編楽しみにしてます! (1月20日 17時) (レス) id: f20013ee9d (このIDを非表示/違反報告)
おーやん(プロフ) - 楽しく読ませていただいてます!S9最高です!続編がでるの楽しみにしています!! (1月20日 12時) (レス) id: 7c71f694df (このIDを非表示/違反報告)
leechan - 祐莉さん» ご意見ありがとうございます!今後の更新を楽しみに待ってくださるとありがたいです! (1月19日 12時) (レス) id: 4afeda7977 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:leechan | 作成日時:2021年1月13日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。