占いツクール
検索窓
今日:285 hit、昨日:8 hit、合計:1,154,369 hit

落し物 ページ13

A「・・どしたの?」

JJ「いってきますのキスして行って」

A「はぁ!?」

JJ「早く」

A「・・・自分は忘れたくせに」

JJ「あっは、だからしていって」

A「なにそれ」

と言いながら、腰を屈めて軽くKISSをした


甘いボディソープの香りと、微かなアルコールの匂い


A「お酒のCMでもいいかも。」

唇を離して、色っぽいジェジュンに言ってみる
と、こんな返事が返ってきた


JJ「・・東方神起の俺じゃなくて、俺を見て」

ちょっと拗ねたような顔で私を見つめる


A「ちゃんと見てるよ。」

もう一度、軽くKISSする


そのままバスルームに向かって
服を脱いだ時に気付いた


恐らくチャンミンの、水没して使えなくなった携帯が
パウダールームに落ちてる


それを拾って鏡の前に置いた

帰る時に落としていったのかな

にしても、こんなところに落ちてたらジェジュンだって気付いただろう


どうして拾わなかったんだろう


少し思ったけど、気にせずにオフロに入った


オフロから上がると、もうリビングに彼の姿はなく
寝室を覗くと、ベッドに横になっていた


寝ちゃったのかな


そっとドアを閉めてリビングに行き
ソファーに座ってテレビをつける


冷蔵庫から出した缶ビールを片手にぼーっとテレビを見ていると


JJ「・・・A」


後ろで名前を呼ばれた

音→←喉仏


ラッキーアイテム

革ベルト


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.1/10 (1585 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
203人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

naepon(プロフ) - どうも~。この回?本当に好きなんです。あたしの何もない自分に対しての虚しさみたいなのと、そんなあたしに気づいてるジェジュンが… 次いってきます。 (2014年1月25日 22時) (レス) id: 611870be34 (このIDを非表示/違反報告)
ai(プロフ) - 知っててもドキドキー!この緊張感がたまりませーん、ジュエルさまー!笑 (2014年1月18日 16時) (レス) id: 9b5e4c6095 (このIDを非表示/違反報告)
momo(プロフ) - ジュエルさん、また読んで泣いてます←何度目か分かりません(^_^;) (2012年10月13日 22時) (レス) id: 94f9ff86ee (このIDを非表示/違反報告)
なつみ - ええええ!!ちょっとびっくり。でもこうゆう展開もありですね。おもしろいです (2011年2月27日 18時) (レス) id: 3dc2dad175 (このIDを非表示/違反報告)
みるく - 久しぶりに読んでます!こういう展開になるなんて・・・でも私の気持ちがわかります。何も無い自分が今のままでいいのか?何となく過ごしてる日々に戸惑う気持ちが焦りになる事ってありますよね。少し離れて時間が必要ですね・・・ (2011年1月16日 16時) (レス) id: 04d5f195a7 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ジュエル

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。