占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:2 hit、合計:13,379 hit

∽9∽ ページ10

「…とまぁ、ざっくり言えばこんなんかな。」

「へぇ…。いろいろあったんだね…。」

今までの話をしてたら

もうHR始まる5分前だった

夏帆はなんだか切ない顔をしてる

そんな顔しなくていいのに

なんて思いつつ

「聞いてくれてありがと…。」

とかつぶやく私

「私が聞いたんだからいいよ〜♪
あ、席戻るね!」

優しいなぁって改めて実感

夏帆が親友で嬉しい

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

「んじゃあさ、みんな一斉にめくらない?
その方がいいじゃん?」

クラスの中心の子がそう言った

ちなみに私は隣の席だから

「うんうん。」

って適当な相槌をうつ

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

「じゃあ、せーの!」

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

私の名前は…

--------------------
小山詩織→D
--------------------
佐藤A→C
--------------------
白河早苗→C
--------------------

…C組かぁ…。

夏帆はどうなんだろ…。

ちらっと夏帆の方を見ると

ドタドタとこっちへ来た

「A〜。

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

クラス別れちゃったよぉ…。」

「え?夏帆、何組?」

「B組。」

「嘘、私C組じゃん…。」

「体育も総合も一緒になれないよ…。」

「まじ最悪だわ…。」

夏帆はショックで泣きそうな顔だけど

こらえて逆にいつものにこにこ笑顔

.

.

.

.

.

.

.

.

「あ、夏帆!
私達、同じクラスだよ!」

「え、そうなの?」

「うん!来年もよろしくね!」

「はーい♪」

なんかさっきの表情はなかったかのように

すっごい笑顔

無理…させてるかな。

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

「Aー、来年もよろしくね!」

…なんでよりによって

私の嫌いな取り巻きグループが

全員同じクラスなんだろ

来年もまたこの子たち見てなきゃいけないの?

いい子たちだとは思う

でも好きになれない

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

複雑な気持ちで迎えた新学期だった

作者より(*‘ω ‘*)→←∽8∽ Past



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.3/10 (6 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
4人がお気に入り
設定キーワード:名前変換オリジナル , 片想い , 友達 , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:神田レンカ | 作成日時:2015年2月22日 14時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。