占いツクール
検索窓
今日:9 hit、昨日:117 hit、合計:25,741 hit

140話:最後の慈悲 ページ34

永倉「Aちゃん…、痛くねえのか…?」

貴女「え?あぁ、何か痛いなぁとは思ってたんですけど…」


先程から、肩や背中に痛みを感じていたのだけれど、そこまで気にするほどの痛みじゃなかった。
気付けば私の肩と背中には刀で斬られた傷があって、そこから流れる血を美味しそうに啜る羅刹。

はっきり言って、気持ち悪い。
あれだけ沖田さんや平助君、斎藤さんに血を分け与えていたと言うのに、羅刹に啜られていると思うだけで嫌悪感が半端じゃない。

私の右肩に噛みつくように口を寄せる羅刹の額に銃口を宛がい、そのまま発砲する。
ズルリと落ちる羅刹の身体を蹴り飛ばすように体を捻り、その後ろに群がる羅刹たちを大通連でなぎ倒した。

一振りで十体弱の羅刹が倒れる。
これなら綱道の所まで、すぐにたどり着けそうだ。


貴女「話は終わってからしましょう。
今は行動を始末する事に専念します!」

風間「鬼神か。Aには似合わぬな」

貴女「そんな事言われても、戦闘血があるんだから仕方ないでしょ」

不知「いや、赤い髪のAも可愛いぜ?」

貴女「白い髪ですら、そんな事言ったことないくせに」


私はもう一度口角を上げて、ニヤっと言う音が似あう笑い方をする。
ちー君や匡ちゃんが私の近くに来て、一緒に羅刹たちを斬り捨てていく。

斬っても周りにいる羅刹たちが、綱道を守ろうとこちらに寄ってくる。
だけどそれを、天霧君たちが対処してくれた。
おかげで私たちの前に増える羅刹は減り、だんだん綱道へ近づいて行く。


貴女「鉄壁じゃなくなってきたんだし、そろそろ出てきたら?」

綱道「チッ!まさか、おまえが変若水を飲むなんてね」

貴女「あんたの為に飲んだんじゃない。
あんたを囲む羅刹が鬱陶しいから飲んだだけ。
まあ?それでも、鬼神を間近で見られたのは有難いと思って欲しいけどね」


綱道を取り囲む羅刹が減り、綱道地震の姿がはっきりと見えてくる。
ふと隙間ができ、綱道の全身を私の視界が捕らえた。

それを見逃す私ではない。

地面をトンと蹴って飛び、その隙間を広げるように羅刹を斬り捨てる。
大きく開いた隙間に体を捻じ込ませ、綱道の首に大通連を宛がった。


貴女「つーかまーえたっ!」

綱道「楽しそうじゃないか」

貴女「ええ、すっごく。
やっとあんたを斬れるかと思うと、身体がウズウズするよ」

綱道「急所を捕らえてるんだ。そのまま引けばいいものを…」

貴女「姉様の為にも、あんたとは話をしなきゃならない」

*140*→←*139*



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (11 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
28人がお気に入り
設定キーワード:薄桜鬼 ,
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

まほろ(プロフ) - 朔さん» コメント&一気読みありがとうございます!風間の言葉遣いがなかなかに難しく、上手く表現出来ているのか不安でしたが、可愛いと言ってもらえてうれしいです♪なかなかに私の妄想が激しいものになってしまいますが、これからもよろしくお願いします(*´ω`*) (10月4日 9時) (レス) id: 92dfc97012 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - コメン失礼します!今日この作品を見つけて一気読みしてしまいました!!悲劇が無くて風間がかわいくて()大好きです!!!最近は薄桜鬼の小説を書いてる方も少ないので...(>_<)応援しています(^^ゞがんばってください!!長文失礼いたしましたm(__)m (10月4日 2時) (レス) id: af48bb8f49 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:まほろ | 作成日時:2019年10月2日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。