占いツクール
検索窓
今日:6 hit、昨日:8 hit、合計:78,863 hit

特訓 ページ25

今日は特訓の日!

今は雪ちゃん家に向かっています

(雪ちゃんは新技を見せてくれるって言ってたけど…)

う〜ん…なんだろ?

とりあえず行ってみよ


ア「……」

私は今絶句しています

どうしてかと言うと

雪ちゃんの家が前より大きくなっているからです!

(前はこんなに大きくなかったのに…)

雪「あ、彩ちゃーん!」

ア「雪ちゃん!」

雪「今行くね〜!」

それでしばらくして雪ちゃんが迎えに来てくれた

ア「ゆ、雪ちゃん…いつお屋敷を大きくしたの?」

雪「え〜と、一カ月前にだよ」

ア「そ、そうなんだ…」

広すぎて迷いそう…

さ、さすが雪ちゃん…!

雪「着いたよ」

あ、こっちは変わってない

ア「じゃあ雪ちゃんの新技見せて!」

雪「うん!」

雪ちゃんが武器を出す

能力系の武器はステッキとかそれかその他の魔法道具

雪ちゃんは結構長めのステッキと言うより杖に近いんだ

雪ちゃんの杖の先にはクリスタルがはめ込まれててすごく綺麗なんだ

雪ちゃんの髪が薄い水色になる

雪「見ててね?」

雪ちゃんが杖を天井に向ける

すると杖は形を変えて雪ちゃんの背中に羽のような形になった

そしてゆっくりと雪ちゃんの体が浮かんだ

雪「どう?!やっとできるようになったんだ!」

ア「やったね雪ちゃん!」

新技と言うのは飛行魔法のことだったんだ?!

飛行魔法は結構難易度が高い魔法

(雪ちゃんすごい!飛行魔法を会得したんだ!)

雪「できるようになったから彩ちゃんに見せたかったんだ!」

ア「さすがだね雪ちゃん!」

雪ちゃんが降りてくる

ア「これで戦闘の幅が増えたから戦いやすくなるね!」

雪「うん!」

(私も負けてられない!)

ア「よし!じゃあ特訓を始めよう!」

それから私達はそれぞれ特訓した

雪ちゃんは飛行魔法に慣れるための特訓

私は弓の必殺技をもっと制御できるように特訓した


ア「雪ちゃんどう?飛行魔法慣れた?」

雪「うん!結構使いこなせるようになったよ!彩ちゃんは?」

ア「うん!私も威力を制御できるようになったよ」

雪「そっか!でも、それにしても…」

ア「うん…」

ア雪「疲れた〜」

能力系でも戦闘系でもどちらも魔法を使っての攻撃だからかなり疲れる

あ、そうだ

ママ達のこと言っとかないと

ア「雪ちゃん」

雪「なに?」

ア「ちょっと話しておきたいことがあるんだけど…」

雪「うん」

正直になれなくなってる→←世間で言うお嬢様



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (60 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
59人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

jolin(プロフ) - 利衣子さん» ありがとうございます!頑張ります (12月2日 17時) (レス) id: 3710eebe05 (このIDを非表示/違反報告)
利衣子 - 面白いよ!!がんばれー (12月2日 15時) (レス) id: 77f3349879 (このIDを非表示/違反報告)
jolin(プロフ) - 利衣子さん» ありがとうこざいます!ロンドンに住んでたなんてかっこいいですね…! (12月2日 7時) (レス) id: 3710eebe05 (このIDを非表示/違反報告)
利衣子 - 幻はマジック、実現はリーライズと読みますよ。。私はロンドンにすんでいました。 (12月2日 7時) (レス) id: 77f3349879 (このIDを非表示/違反報告)
栖夜(プロフ) - jolinさん» いえいえ!w(そうですかwwじゃあ、お構い無くwwwww((((((((() (11月7日 18時) (レス) id: b2beda4449 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:jolin x他1人 | 作成日時:2018年6月17日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。