占いツクール
検索窓
今日:50 hit、昨日:25 hit、合計:38,876 hit

10. ページ10

JM side









JK「なにしてんの」








突然、俺たちの机に現れたチュンの彼氏。

絶対来るとは思っていた。さっきからすごい視線感じたし、明らかにグガは俺たちの方を睨んでいたから。まあ、この修羅場のような修羅場じゃないような状況をチュンちゃんはどう回避するのか....









『......なにって、別に何もだよ〜笑 』



TH「誰?え、もしかしてチュンの彼氏!?」









あのさ、チュンちゃんとテヒョンって馬鹿なのかな。

あのジョングクのどす黒い声を聞いてこのテンションで打ち返すこいつらすげえなんて尊敬してる俺は、もっと馬鹿なのだろうけど。









JK「チュンの彼氏ですけどなにか? 離れてもらってもいいですかね?」







そう言って、テヒョンを睨みつけチュンの腕を掴むジョングク。さっきまでおちゃらけたテンションだったチュンも、びっくりした様子でジョングクを見た後、ジョングクを睨んだ。







『ねえ、グク。なんでテヒョンを睨むの?』




TH「だよね〜、俺もびっくりしたよ〜笑 ねね、チュン。チュンの彼氏かっこいいね!」




『え、テヒョンもそう思う〜!?だよね!かっこいいよね!』









.....馬鹿。 そう俺は完璧に忘れていた。テヒョンは、四次元とも呼ばれる天然なこと。それとチュンちゃんもテヒョンと比べ物にならないぐらいきっと、天然なんだろう。







俺とジョングクは呆気なく、四次元全開な2人のペースにうもれていった。








.

11. 変更について→←09.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (67 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
562人がお気に入り
設定キーワード:BTS , テヒョン , ジョングク   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(プロフ) - 次いつ出しますか~?? (8月24日 0時) (レス) id: 3397aaa5c3 (このIDを非表示/違反報告)
きらら(プロフ) - 最高です。本当に最高としか言いようがないくらい最高です!更新ファイティンです!! (8月16日 11時) (レス) id: 6d5c856f47 (このIDを非表示/違反報告)
咲蕾(プロフ) - トモカさん» 何か不具合ありましたか!? ( ; ; ) (8月16日 2時) (レス) id: 0265454a75 (このIDを非表示/違反報告)
トモカ(プロフ) - え、やばいww (8月16日 1時) (レス) id: a7c7e1cee6 (このIDを非表示/違反報告)
あにょはせよ - 咲蕾さん» マジで面白いです!!更新頑張ってください!!ファイティン!! (8月15日 22時) (レス) id: 91c6ce2bd9 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:咲蕾 | 作成日時:2019年8月9日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。