占いツクール
検索窓
今日:14 hit、昨日:52 hit、合計:38,892 hit

06. ページ6

.









「ジョングク先輩、来てたんですか!」



JK「心配だったから。それと、渡したいものあるってサランが言ったから...」



「あ!そうだったんですよ!ジョングク先輩早く席につきましょう!」









サランちゃんは、慣れた手つきでグクの腕に自分の腕を絡めて、私から離れていった。



でも、ふと慌てて私の方へ振り向くと





「さっきはありがとうございました!楽しかったです!」







と、私の顔を見て、ふにゃりと笑ってみせた。



とっても可愛くて、でもその笑顔が今は何故か凶器のように心に刺さった








グクを見ると、驚いた顔で私のことを見つめていて




ああ、さっきはサランちゃんに夢中で、私に気づかなかったんだな〜なんて。








あの後、サランちゃんが 「先輩?」とグクをよんで、はっとしたような顔を見せた後、「行くよ」とグクはサランちゃんの手をつかんで席の方へ行ってしまった。









1人になった私は、どうしたらいいのか訳も分からなくてトボトボと元いたところへ戻った。








「チュンちゃん遅いじゃないの〜!」




「待ってたのに笑」




『ごめんなさい〜!笑』








みんなに誤った後、2人のことを忘れようとまた、たくさんお酒を飲んだ。





クラクラと視界は揺れたけど気持ち悪い気分には、ならなかった。






.

07.→←05.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (67 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
562人がお気に入り
設定キーワード:BTS , テヒョン , ジョングク   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(プロフ) - 次いつ出しますか~?? (8月24日 0時) (レス) id: 3397aaa5c3 (このIDを非表示/違反報告)
きらら(プロフ) - 最高です。本当に最高としか言いようがないくらい最高です!更新ファイティンです!! (8月16日 11時) (レス) id: 6d5c856f47 (このIDを非表示/違反報告)
咲蕾(プロフ) - トモカさん» 何か不具合ありましたか!? ( ; ; ) (8月16日 2時) (レス) id: 0265454a75 (このIDを非表示/違反報告)
トモカ(プロフ) - え、やばいww (8月16日 1時) (レス) id: a7c7e1cee6 (このIDを非表示/違反報告)
あにょはせよ - 咲蕾さん» マジで面白いです!!更新頑張ってください!!ファイティン!! (8月15日 22時) (レス) id: 91c6ce2bd9 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:咲蕾 | 作成日時:2019年8月9日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。