占いツクール
検索窓
今日:128 hit、昨日:309 hit、合計:137,380 hit

・39 ページ39

ヴィル「あら、可愛いレディにはもう婚約者がいるの?」

メアリー「そうよ!私がおじ様に大人になったら結婚してねって言ったら、もちろん待つよって言ってくださったの!」

マリー「あら、私なんて結婚の約束もしたし、お花をプレゼントしたら今でも大事にして、しおりにしてくださってるわ!」





2人は胸を張って、Aは自分と婚約したと自慢気に話している。





メアリー「私だって、ほっぺたにキスしてもらったわ!」

マリー「私はおでこにしてもらったもの!ね!おじ様!」

A「ははっ。そうだったな。」

メアリー「おじ様ってば、マリーとも婚約してたのね!プレイボーイなんだから!」

A「んなっ…!?メアリー!そんな言葉どこで覚えたんだ…!?」

メアリー「リリアが、おじ様はプレイボーイだって!」





Aはバッ!とリリアの方をむくと、リリアは何も知らないと言わんばかりの顔でそっぽをむく。





アズール「おやおや、Aさんは随分とモテるようですね。」

ラギー「ここいらでハッキリどっちと結婚するか決めちゃえばいいんじゃないんすか?」

メアリー「そうよ!」

マリー「おじ様!私とメアリー、どっちと結婚なさるの!?」

A「いやぁ…そんな……ははっ……2人はとても素敵なレディだから、今すぐにはとてもとても……でも、2人が立派なレディになったら、その時考えてあげるよ。」





なぜその対応を見合い相手にもしないのか。リリア達はため息が出る。彼女がいないわけでもなかった。しかし何故か結婚まで行かないのがAの悪い所だ。





メアリー「私、立派なレディーになる!」

マリー「私もっ!もっとお勉強するわ!」

メアリー「メイドに教えてもらおっ!」

マリー「私も!」





2人はAの膝から飛び降りると走って談話室を出ていった。





A「走るなって言ってるのに……あの2人は………」

イデア「いや…A氏にそっくりでは?」

フロイド「いいのぉ?あの二人、本気かもよ?」





昔、Aに結婚してくれと言われたジェイドに幾度となく言ってきた言葉。





A「ははっ。私はあの二人には勿体ないですよ。このような男の元に嫁いだら、あの二人が大変だ。」





そう言ったAは、どこか悲しそうに微笑んだ。

・40→←・38



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (110 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
327人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

フロイドの嫁(プロフ) - ・6 ページ6のジェイド「えー、俺泳ぎてぇ〜」の所ジェイドではなくフロイドではないでしょうか? (12月17日 11時) (レス) id: 84675eb1ef (このIDを非表示/違反報告)
花蛸花(プロフ) - ?mi?さん» 至って健康です!!安心してください!(?) (12月1日 11時) (レス) id: 8807d579b5 (このIDを非表示/違反報告)
?mi?(プロフ) - 更新されるのが楽しみすぎて夜しか寝れませんっ!! (12月1日 4時) (レス) id: 9bb4cee45f (このIDを非表示/違反報告)
花蛸花(プロフ) - 赤狐さん» おはようございます……こちらショタへの入口となっております(?)(語彙力) (11月30日 22時) (レス) id: 8807d579b5 (このIDを非表示/違反報告)
赤狐 - ヤバい。     ショタに目覚めそう、、、、、、、、 (11月30日 20時) (レス) id: b89caa16cb (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:花蛸花 | 作成日時:2020年11月24日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。