占いツクール
検索窓
今日:330 hit、昨日:350 hit、合計:138,087 hit

・34 ページ34

アルベール「お客人の前で大変失礼致しました…改めまして、アルベール・フォーレです。お久しぶりでございます。」





立派になった彼はまた端正な顔立ちで、スラッとしていた。あの頃よりもずっと逞しくなったように見える。





フロイド「稚魚ちゃんって、いつもあんななの?」

アルベール「…Aのことですか?」

フロイド「うん、そぉ〜」

アルベール「…まぁ、そうですね。あいつはもう18になるくせに真剣に結婚を考えないで………」

ヴィル「あら、マレウスも同じじゃない。」

アルベール「マレウス様とAは別なんです。マレウス様が結婚した以上、Aも結婚しなければならないんです。」

レオナ「つまり、もしもこの2人に跡継ぎになる坊ちゃんが産まれずあいつの子供が男の場合はあいつが跡継ぎになるからな。もしもの時の保険がいる。」

ラギー「さすが、見かけだけ王子様!」

レオナ「あ?」

アルベール「これでもう何回目でしょうか………あぁ…考えただけで頭が…」

ユウ「アルベールも大変ね……」





もう考えたくもないほどに見合いに失敗しているA。その度にアルベール含めたマレウス達は頭を悩ませた。





アルベール「……まぁ、そのうち結婚するか。あいつ顔はいいし……」

エース「多分あいつに向かって顔はいいって言えるのお前だけだぜ。」

デュース「2人はマブだからな!」

エース「お前エリート警察官になったんだからいい加減悪語録が出る癖何とかしろ???」





Aはなぜ結婚できないのかと悩むアルベールを前に、フロイドとアズールはコソコソと耳打ちをする。






フロイド「ねぇ、もしかして稚魚ちゃんわざとお見合い失敗してる?」

アズール「その辺はわかりませんが……わざとにしろじゃないにしろジェイドに本気なのは確かです。」

フロイド「だよねぇ……なんでジェイドなの?」

アズール「知りませんよ。大人になっても見る目がなかったということで。」

ジェイド「なんの話ししてるんです?」

フロイド「ん?ジェイドも大変だねって話。」

ジェイド「そう思うなら仕事、減らしてください。」

アズール「いやです。」

アルベール「とにかく、そろそろ城へ戻りましょう。みなさんも、Aのためにわざわざ森まで足を運んでいただいて、ありがとうございます。城に戻り、どうぞ旅の疲れを癒されてください。」

・35→←・33



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (110 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
329人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

フロイドの嫁(プロフ) - ・6 ページ6のジェイド「えー、俺泳ぎてぇ〜」の所ジェイドではなくフロイドではないでしょうか? (12月17日 11時) (レス) id: 84675eb1ef (このIDを非表示/違反報告)
花蛸花(プロフ) - ?mi?さん» 至って健康です!!安心してください!(?) (12月1日 11時) (レス) id: 8807d579b5 (このIDを非表示/違反報告)
?mi?(プロフ) - 更新されるのが楽しみすぎて夜しか寝れませんっ!! (12月1日 4時) (レス) id: 9bb4cee45f (このIDを非表示/違反報告)
花蛸花(プロフ) - 赤狐さん» おはようございます……こちらショタへの入口となっております(?)(語彙力) (11月30日 22時) (レス) id: 8807d579b5 (このIDを非表示/違反報告)
赤狐 - ヤバい。     ショタに目覚めそう、、、、、、、、 (11月30日 20時) (レス) id: b89caa16cb (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:花蛸花 | 作成日時:2020年11月24日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。