占いツクール
検索窓
今日:174 hit、昨日:338 hit、合計:137,117 hit

・33 ページ33

グリム「お前!今日こいつらが来るってちゃんと伝えてたはずなんだゾ!」

ユウ「なにか警備のお仕事が残ってた?」

A「あ、いえ…その…元騎士団長のお墓参りに……すみません、決して忘れていた訳では無いのですが……」

アズール「気にする事はありません。どうせ、後からでも会うことは出来るんです。」





Aはアズールの言葉に困ったような、申し訳ないような笑みを浮かべた。





リドル「いい馬だね。」

A「ありがとうございます。この子はマキシムです。私の初めての愛馬だった、ヴァンの子供なんです。残念ながら、この子の親は死んでしまいましたが。」

リドル「美しい毛並みだ。君が世話を?」

A「毎日ブラシをかけています。」





マキシムはAに近づくと、すりすりと頬を寄せる。動物に好かれやすいのは子供の頃からで、マキシムもすぐにAに懐いてしまった。





ラギー「でも、馬の言語ってだいぶ難しいっすよね。ひひーんって鳴いてるだけなのに。」

ジェイド「それに、あなたは確か動物言語学が苦手では…?」

A「はい。でも、この子のことは言葉が分からずともなんでも分かります。子供の頃から私が面倒を見ていますから。そうだろう?」





Aが顎を撫でると嬉しそうに鳴いた。Aはそんなマキシムを見て嬉しそうに笑う。





「A〜!!!」





そんな中、また別の馬の蹄の音が聞こえるのと共にAを呼ぶ男の声がする。奥から現れたのは、あの頃の青年アルベールだった。





カリム「お!あの時の子じゃないか!お前も大きくなったな!」

マレウス「アルベール。そんなに慌ててどうした。」

アルベール「マレウス様!馬に乗ったままで申し訳ありませんが、急ぎなんです!おい!!!A!!!お前また見合いの席すっぽかしたな!?1時間待ってもお前が現れないからお嬢さんがカンカンだったぞ!」

A「…………まずい、すっかり忘れてた。今日だったか?」

アルベール「今日だよバカ!!!早く城に戻れ!!リリア様も大層お怒りだぞ!」

A「り、リリアが…!?」





Aは顔を真っ青にすると"直ぐに戻る!"と馬に跨りマキシムの手網を引く。今までの冷静さからは考えられないほどの慌てっぷりに、一同はまたポカンとしてしまう。

・34→←・32



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (110 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
326人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

フロイドの嫁(プロフ) - ・6 ページ6のジェイド「えー、俺泳ぎてぇ〜」の所ジェイドではなくフロイドではないでしょうか? (12月17日 11時) (レス) id: 84675eb1ef (このIDを非表示/違反報告)
花蛸花(プロフ) - ?mi?さん» 至って健康です!!安心してください!(?) (12月1日 11時) (レス) id: 8807d579b5 (このIDを非表示/違反報告)
?mi?(プロフ) - 更新されるのが楽しみすぎて夜しか寝れませんっ!! (12月1日 4時) (レス) id: 9bb4cee45f (このIDを非表示/違反報告)
花蛸花(プロフ) - 赤狐さん» おはようございます……こちらショタへの入口となっております(?)(語彙力) (11月30日 22時) (レス) id: 8807d579b5 (このIDを非表示/違反報告)
赤狐 - ヤバい。     ショタに目覚めそう、、、、、、、、 (11月30日 20時) (レス) id: b89caa16cb (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:花蛸花 | 作成日時:2020年11月24日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。