占いツクール
検索窓
今日:104 hit、昨日:130 hit、合計:135,269 hit

・4 ページ4

Aは幼いながらに作法が綺麗だ。食べ方も歳を疑うレベルで綺麗なため、本当はリリアのように年齢不詳なのではと疑われるレベルだ。しかし、彼は本当に7歳。兄とは歳が離れすぎているが、ちゃんとした7歳だ。





ジェイド「おや、お口に付いていますよ。」





ジェイドがナプキンで口の端のケチャップを拭き取ってやるとAは"ありがとう!"と笑顔で返す。





フロイド「稚魚ちゃん美味そうに食うねぇ〜。」

A「フロくんも食べてみる?美味しいよ!」

フロイド「いいのぉ?ありがとう〜」





フロイドはAに差し出されたスプーンをぱくっと口に入れオムライスをもぐもぐと食べる。





フロイド「あ、美味い。」

A「でしょ!」

フロイド「いいね〜ここのオムライス。俺も今度食べよ〜。」





まるで弟ができたよう。フロイドはそれ故にAと遊ぶのは好きなようだ。





ジェイド「今度ラウンジに来た時はオムライスを作って差し上げますね。僕、たくさん練習したので。」

A「ほんとに!?」

ジェイド「えぇ。他になにかリクエストがあればお応えしますよ。」

A「じゃあ、また人魚の姿見せてほしい!」

ジェイド「そんなの、おやすい御用です。」





Aはジェイド達の人魚姿が大好きだ。キラキラしていて綺麗だ。そう何度も言って、初めて見た時は興奮が抑えきれず、夜遅くまでマレウスに話していたくらいだ。





フロイド「あ、じゃあ今夜おいでよ〜。今夜ならラウンジ休みだしね。」

A「じゃあ、お兄様たちにも聞かなきゃ!」

ジェイド「後でお話しに行きましょうね。」

アズール「お前たち、そうやって話していると兄弟に見えますね。」

フロイド「え〜、稚魚ちゃん俺らの弟になんのぉ?」

A「ならないよ!僕のお兄様は、お兄様だけだもん!」

ジェイド「ふふっ。Aくんはお兄さんが大好きですからね。」





Aは兄の話となるとずーっとそれについて語り出す。ジェイドはそれをうんうんと聞き、フロイドは飽きてしまった様子でご飯を食べ、アズールはいつもの事だとジェイドに全てを任せた。

・5→←・3



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (110 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
329人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

フロイドの嫁(プロフ) - ・6 ページ6のジェイド「えー、俺泳ぎてぇ〜」の所ジェイドではなくフロイドではないでしょうか? (12月17日 11時) (レス) id: 84675eb1ef (このIDを非表示/違反報告)
花蛸花(プロフ) - ?mi?さん» 至って健康です!!安心してください!(?) (12月1日 11時) (レス) id: 8807d579b5 (このIDを非表示/違反報告)
?mi?(プロフ) - 更新されるのが楽しみすぎて夜しか寝れませんっ!! (12月1日 4時) (レス) id: 9bb4cee45f (このIDを非表示/違反報告)
花蛸花(プロフ) - 赤狐さん» おはようございます……こちらショタへの入口となっております(?)(語彙力) (11月30日 22時) (レス) id: 8807d579b5 (このIDを非表示/違反報告)
赤狐 - ヤバい。     ショタに目覚めそう、、、、、、、、 (11月30日 20時) (レス) id: b89caa16cb (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:花蛸花 | 作成日時:2020年11月24日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。