占いツクール
検索窓
今日:197 hit、昨日:114 hit、合計:138,409 hit

・30 ページ30

新聞にも大きく取り上げられ、今やどこをつけても同じニュースばかりだ。





"茨の谷の第二王子A・ドラゴニア様、御成人!"





茨の谷では18からが成人とみなされる。18歳になったAは今年で成人だ。もちろん、成人を祝うためのパーティーも開かれる。その知らせはジェイド達にも来ていた。

今回は少し早くに茨の谷を訪れることになっているため、パーティーよりも4日ほど早くに到着した。





ジェイド「おや、ユウさん。マレウスさん。お久しぶりです。」

ユウ「みなさん、来てくださってありがとうございます!」

マレウス「ほら、お前たちも挨拶しろ。」

「こんにちは!私、メアリー!」

「私、マリー!」





ツノのある耳のとがった少女と耳の丸い少女。彼女らはユウの娘だ。今年でもう4歳になった彼女らはすっかり大きくなっていた。





エース「おぉ!でっかくなったなぁ!」

デュース「僕達は3ヶ月ぶりだろ。そんなに期間は空いてない。」

ジャック「気持ちの問題だろ?」

ラギー「俺らはほんとに3年ぶりっすね〜」

ヴィル「随分と可愛らしいレディになったわね。」

ジェイド「ふふっ、本当ですね。」

フロイド「あんなちっこかったのにね〜?」

メアリー「お兄さん達、そっくりね!」

マリー「わかった!きっと、お兄さん達がそっくりな双子の人魚さんね!」

アズール「おや、この2人をご存知で?」

メアリー「もちろんよ!おじ様がお話してくださったもの!」

リドル「おじ様…?」

マリー「知らないの?お父さま、この方たちはおじ様のお知り合いじゃないの?」

マレウス「あいつのことをおじ様と呼ぶのはお前たちだけだからな。Aの事だ。」




マレウスがそう言うと、なるほど、と全員が納得した。おじ様、と呼ばれているとは思っていなかったが、この2人からすればAは叔父。おじ様と呼ぶのにも頷ける。





ジャミル「で、その肝心のAはどこに?」

グリム「それがあいつ部屋にいなかったんだぞ。多分その辺うろついてるか泉辺にいるんじゃねぇか?」

ユウ「少し探してみましょう。メアリーとマリーはお部屋にお戻りなさい?中に入ればセベク達がいるはずよ。」

「「え〜」」

ユウ「後で叔父様を連れてくるから、ね?」





ユウがそう言うと、2人は残念そうに返事をして部屋に戻っていく。こういう姿を見ると、母親なんだなと改めて思う。

・31→←・29



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (110 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
328人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

フロイドの嫁(プロフ) - ・6 ページ6のジェイド「えー、俺泳ぎてぇ〜」の所ジェイドではなくフロイドではないでしょうか? (12月17日 11時) (レス) id: 84675eb1ef (このIDを非表示/違反報告)
花蛸花(プロフ) - ?mi?さん» 至って健康です!!安心してください!(?) (12月1日 11時) (レス) id: 8807d579b5 (このIDを非表示/違反報告)
?mi?(プロフ) - 更新されるのが楽しみすぎて夜しか寝れませんっ!! (12月1日 4時) (レス) id: 9bb4cee45f (このIDを非表示/違反報告)
花蛸花(プロフ) - 赤狐さん» おはようございます……こちらショタへの入口となっております(?)(語彙力) (11月30日 22時) (レス) id: 8807d579b5 (このIDを非表示/違反報告)
赤狐 - ヤバい。     ショタに目覚めそう、、、、、、、、 (11月30日 20時) (レス) id: b89caa16cb (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:花蛸花 | 作成日時:2020年11月24日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。