占いツクール
検索窓
今日:85 hit、昨日:341 hit、合計:138,183 hit

・25 ページ25

ジェイド「え、僕何かしました?」

フロイド「うっそだろお前。」

アズール「お前は鈍感すぎる。」





走って逃げてしまったAにリリアは大爆笑だった。





リリア「くふふっ…すまんなジェイド。思春期なもんでな。多方、恥ずかしくなって逃げる以外の方法を思いつかんかったんじゃ。」

ジェイド「あぁ、なるほど……思春期なら頷けますね。」

フロイド「頷くな、疑え。」

アズール「それ以上は野暮ですよ、フロイド。」

トレイ「まさか……あいつ本気で……?」

ケイト「いやいや!これから他の子を知っていったらきっと綺麗なお姫様に出会って、その人とちゃんと結婚するって!」

ラギー「そうっすよ。男の子でも、もっと他にいい人見つけるっすよ。あの子いい子だし。」

レオナ「どうだかな。」

ラギー「レオナさんやめるっす。」





控え室はもうAの話で持ち切りだ。ユウもさっきのAの様子には驚いたようで、くすくすと笑っている。






ユウ「Aくん、本気みたいよ?」

マレウス「……まぁ、あいつの選んだ者だ。文句は言えまい。」

リリア「まぁ、あいつもまだまだ若い。あの歳じゃずっと一途は難しいもんじゃ。」

ユウ「そうですね。小学校とか幼稚園の頃、先生を好きになる生徒………みたいな感覚ですかね?」

リリア「きっとそれじゃな!」





ユウたちは謎が解けたように笑う。ジェイドは未だに自分が笑われていることに首を傾げていた。それもそのはず。この男、忙しいからを理由にして、20代にもなって女性すら付き合ったことの無いチェリーボーイなのだから。






フロイド「どーていかわいそ。」

ジェイド「あなたもでしょう?論外・リーチ。僕は忙しいんです。」

フロイド「うるせぇ物騒・リーチ。俺だって忙しいわ。」

アズール「どっちにしろ顔のいいお前らに番が出来ないのはその性格のせいですね。」

ジェイド「それはアズールも同じでは?」

アズール「うるさい!僕は忙しいんだ!」

・26 今更監督生→←・24



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (110 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
329人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

フロイドの嫁(プロフ) - ・6 ページ6のジェイド「えー、俺泳ぎてぇ〜」の所ジェイドではなくフロイドではないでしょうか? (12月17日 11時) (レス) id: 84675eb1ef (このIDを非表示/違反報告)
花蛸花(プロフ) - ?mi?さん» 至って健康です!!安心してください!(?) (12月1日 11時) (レス) id: 8807d579b5 (このIDを非表示/違反報告)
?mi?(プロフ) - 更新されるのが楽しみすぎて夜しか寝れませんっ!! (12月1日 4時) (レス) id: 9bb4cee45f (このIDを非表示/違反報告)
花蛸花(プロフ) - 赤狐さん» おはようございます……こちらショタへの入口となっております(?)(語彙力) (11月30日 22時) (レス) id: 8807d579b5 (このIDを非表示/違反報告)
赤狐 - ヤバい。     ショタに目覚めそう、、、、、、、、 (11月30日 20時) (レス) id: b89caa16cb (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:花蛸花 | 作成日時:2020年11月24日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。