占いツクール
検索窓
今日:318 hit、昨日:1,754 hit、合計:245,149 hit

・11 ページ11

「え、ふつーに暑っくるしーんだけど。」





へらへらと笑いながらカスタードのたい焼きを頬張るAの両サイドから、くっついて離れない上の兄二人。あの後、灰谷兄弟の仕事もあれで終わりだからと直接家に帰されたわけだが、帰るや否やひっつき虫状態だ。





「久しぶりのお兄ちゃんだろ〜もっと構え〜?」

「Aは俺らに会いたくなかったのかよ。」

「えー、まぁ会いたかったけどさぁ〜他のみんなにも会いたかったし〜それに家に帰りゃ結局一緒に居ることになるんだし良くね?」

「良くねぇ〜」

「てかスーツ脱げ?」





スーツを着たままの状態の二人にそんなことを言っても聞く耳持たずで、グリグリと腹の辺りに頭を擦りつけてくる。少し笑いながら、たい焼きの最後の一口を口の中に放り入れて煙草に火をつける。





「食い終わったんなら兄ちゃんたちに構え?」

「スーツ脱いできたら考える。」





Aがそう言うと、二人は当然起き上がり各自の部屋へと走っていく。単純で扱いやすいのは彼らのいい所。最も、そんな扱いをできるのはAだけなのだが。

ほぼ同時に着替えを済ませてきた二人は、まだ煙草をふかしている彼女の隣にもう一度座った。Aは「仕方ないな〜」なんて笑いながら、口にタバコを加えたまま大きく腕を開いた。待ってましたと言わんばかりに、二人はAに強く抱きつく。





「あ"〜……Aだ……」

「蘭ちゃんの頭撫でろ〜」

「有料でーす。」





そんな冗談を言い合うのも1年ぶり。1年ぶりに帰ってきた我が家は特に変わった様子もなくて、変わったところといえばテレビが前のものより一回り大きくなっていたり、ソファーが変わっていたり、カーテンの色が変わっていたり。

Aの部屋は定期的に竜胆が掃除をしてくれていたのか、綺麗なままを保っており、何かを漁ったような形跡もなかった。





「てかお腹減った〜」

「今たい焼き食ってたじゃねぇか。」

「ちょっと食べたら余計お腹空いた。」

「美味いレストラン予約してあるから出所祝いしに行くぞ〜もっと腹空かせとけ〜」

「え、まじ?じゃあ準備しなきゃじゃん。シャワー浴びてくるから二人で服選んで〜」





そう言って、Aは随分と上機嫌な様子で着替えとタオルを手に取ると、お風呂場へと向かう。





「ドレス?パンツ?」

「ここはドレスだろ〜」





久しぶりに彼女の服が選べる。それだけで、二人のテンションは爆上がりだ。

・12→←・10



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (341 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1017人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

自律思考固定砲台 - 梵天大好きな私の為に作られたのかと思った…。作者様、マジで神じゃん!? (9月27日 22時) (レス) @page38 id: 426cb43a7c (このIDを非表示/違反報告)
わわるこ(プロフ) - 夢主ちゃんがマジで好み過ぎる… 主様の作品大好きです!応援してます! (9月26日 12時) (レス) id: e592c4a1c9 (このIDを非表示/違反報告)
りんご - 面白いです!応援しています! (9月20日 13時) (レス) id: 15d4b06566 (このIDを非表示/違反報告)
ma(プロフ) - 灰谷兄弟の妹めちゃくちゃいい作品に出会えて嬉しいです!春千夜大好きなので梵天絡みまじ好きです!落ち楽しみにしてます!!これからも更新頑張ってください^_^応援してます! (9月16日 13時) (レス) id: 70f00aa1ca (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:花蛸花 | 作成日時:2021年9月16日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。