占いツクール
検索窓
今日:87 hit、昨日:32 hit、合計:34,341 hit

24:Yes,your majesty【朱桜司】 ページ24

.



婚約者が、有名なアイドル養成学校へと入学したと聞いた。
まあもともと世間知らずで無意識に失礼でワガママな人だったし、
人生経験としてはいいのではないかと思った。

だがそんな考えは甘く、そこは本格的にアイドルを育てる場所だったのだ。
しかも彼が入ったユニット?はファンサービスが一番厚いところ。

私という婚約者がありながら、ほかの女に媚を売るわけ?


「そんなの絶対許さないんだからね」
「え、えぇ…なぜ睨むのですか…」


私も親のコネでプロデューサーとして転校したものの、
司の所属しているユニット名を知らず、UNDEADというユニットをプロデュースすることになってしまった。
知らない人しかいない上にどれも年上。
しかも奇人がいるというなんとも盛りだくさんなユニット。

隣の司は、「お疲れ様です」と優しく微笑んで頭を撫でてきた。
まったく誰のせいでこんなことになってると思っているのだろう。


「fruit tarteはいかがですか? Aの好きな柑橘がたくさん入っていますよ」
「食べ__ない。今ダイエット中なの」
「ふむ…、そこまでたるんでいるようには見えませんけど」
「見えるだけでしょ」


そうですか、とあっさり引くと、私にあげる予定だったタルトを一口かじった。
(結局自分で食べるんじゃん。もうちょっと粘ってよ)
美味しそうに目を細める司を見ていると、彼は小首をかしげる。


「そんなに見つめられると食べにくいんですが…?」
「……それはすみませんねっ」


もう、なんでわかんないかなぁ?
私が夢ノ咲へと転校してきたときも「なんでいるの?」みたいな顔だったし。
たしかに自分でも勿体ないことしたかもとは思ったけれど、
どうせ私は朱桜家に嫁ぐ身だし、必要最低限優秀であればいい。

ともかく。乙女心に鈍感すぎる。
いつまでも子どもみたいに純粋で真面目で、クソワガママで。
付き合ってるこっちがイライラする。

__ほんと、なんで小さい頃の私はこんな人の婚約者になろうと思ったんだか。


.

.→←23:僕と君の愛の契約【朔間凛月】



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (119 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
158人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

くるみ - こんにちは!レオくんの話すごく切なかったです。幸せな話もまた読みたいです!これからも頑張ってください! (6月27日 13時) (レス) id: 1520c09c44 (このIDを非表示/違反報告)
さゆな(プロフ) - レオのアンドロイド切ない… (6月25日 20時) (レス) id: a613cbb65f (このIDを非表示/違反報告)
(名前) - 初コメ失礼します!レオくんのケーキとフォークの話がとても切なくて少し悲しい気持ちになりました。読み手をそういう気持ちにさせられるってすごいと思います!応援してるので頑張ってください! (6月3日 22時) (レス) id: fe02a3a839 (このIDを非表示/違反報告)
サラダ油 - adoraさんの書くせないず可愛くて大好きです!更新いつもありがとうございます…!これからも頑張ってください!! (5月21日 6時) (レス) id: bc4ed3887c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:adora | 作者ホームページ:   
作成日時:2019年4月24日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。