占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:20 hit、合計:34,584 hit

15:愛の重み【月永レオ】 ページ15

.



「レオくんとイチャイチャしたい」


そう、瞳を潤ませて上目がちにそう言ってきた彼女は、
今ははちみつを塗りたくったみたいに甘くて少し苦い匂いがする。

「だめ?」じゃなくて、「いや?」と聞いてくるあたり。
おれより前に彼氏がいたことはあると言っていたけど、手練だなと実感させられた。

そのままやんわりとおれを押し倒し、できるだけ体重をかけないようにまたがってくる。
腹部から下半身にかけて感じる重みは不思議と煩わしいと感じることはない。
むしろ愛しくて、もっと圧力をかけられてもいいと思える。


「A、」
「ごめん。こんな彼女やだね」


悲しそうに笑って、重力に従う髪をおさえることもなく唇が押し当てられる。
柔らかくてふわっとしていて、みずみずしいフルーツのようにおれのを弾いた。

月みたいに濃い黄色の瞳が、熱っぽくゆらりと揺れる。
それとおれの視線が交われば、おれだけ時が止まったみたいに体が言うことをきかなくなった。

ドクン、ドクンと心臓の音だけがただ、頭のなかでうるさいくらい響いている。

ただこのまま事が進んでしまうのなら何か言わなければと、
必死に口を動かして言葉を紡ぎ出す。


「A、すき。あいしてるよ、A」


じっくりと時間をかけて、存分に苦しみを与えて、他に考え事なんて出来ないくらい、
視界も音も匂いも感覚も味も、ぜんぶAで満たして。
脳にもおまえの記憶を嫌ってくらい、トラウマになるまですり込んで。
それから、ゆっくりおまえの重みでおれを潰してよ。


「レオくん、私もあいしてる」









「っていう夢を見たんだっ」


ニッコリと五線譜をかざしながらそう言えば、
彼女はふうんと頬に手を当てて机に肘をついた。
なんかセナみたい。ちょっと高圧的なカンジが似てる。


「え〜ぇ…、……レオくんのえっち」
「ち、違う違う! えっちじゃないし、そこで夢終わったしっ!」


必死に否定すれば、Aは楽しそうに肩を揺らした。
夢とは違って年相応の爽やかさが、まるで喉を潤すかのように浸透してくる。


「…うん、やっぱおれA大好き」


「愛してる」はあんな簡単には言わないから。
もっと大切に、言葉に精一杯の気持ちを込めていうから。
Aもそれまでとっておきにしておいてくれな。


.

16:可哀想な人【朱桜司】→←14:過激かまちょ【月永レオ】



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (119 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
158人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

くるみ - こんにちは!レオくんの話すごく切なかったです。幸せな話もまた読みたいです!これからも頑張ってください! (6月27日 13時) (レス) id: 1520c09c44 (このIDを非表示/違反報告)
さゆな(プロフ) - レオのアンドロイド切ない… (6月25日 20時) (レス) id: a613cbb65f (このIDを非表示/違反報告)
(名前) - 初コメ失礼します!レオくんのケーキとフォークの話がとても切なくて少し悲しい気持ちになりました。読み手をそういう気持ちにさせられるってすごいと思います!応援してるので頑張ってください! (6月3日 22時) (レス) id: fe02a3a839 (このIDを非表示/違反報告)
サラダ油 - adoraさんの書くせないず可愛くて大好きです!更新いつもありがとうございます…!これからも頑張ってください!! (5月21日 6時) (レス) id: bc4ed3887c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:adora | 作者ホームページ:   
作成日時:2019年4月24日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。