占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:5 hit、合計:3,974 hit

■世界観 ページ1




──1頁 20xx年 六月某日
怪物と言うには鮮やかすぎる奴らがやって来た。
奴らの頭部は、美しい植物・奇妙な生き物・不気味な無機物…等と、あまりに不思議で魅力的だった。しかし奴らは人々を襲い、食い始めた。武器が効かない。
その日を境に“人間”ってのはすっかり消えちまって、代わりに人間みたいな怪物が、食物連鎖の頂点に立った。


──2頁 20xx年 七月某日
皆奴らを恐れて逃げ出した。けれど、奴らは何処までも追ってくる。
奴らはとても理性的で、知的で、そして強かった。全てにおいて、私達人間を上回っていた。逃げられない。妻と娘が殺された。私は街で生き残っていた子供達を車に乗せ、知り合いのシスターのいる、遠く離れた小さな孤児院に隠れた。


──3頁 20xx年 八月某日
私は孤児院の子供達を守る為、奴らを研究する事にした。
奴らの体は一見人間と同じ造りだ。…頭部を除いて。頭部の形は個体差があり、花であったり、豚であったり、或いはカトラリーであったりと統一性は無い。奴らの体は傷付くが、忽ちその傷は治る。頭部は一際硬く、銃弾を弾かれる程だ。どうにかして、子供達を守る為奴らの弱点を見付けなければ。


──4頁 20xx年 六月某日
奴らが現れたあの日から、10年が経った。
子供達もすっかり大人になった。そして私は10年の間に突き止めた。「奴らを殺す方法」を。
奴らの弱点は、あの異形の頭部だ。奴らは頭が良いが、その分頭が弱点になっている。脳、脳に刺激を与える事さえ出来れば、その頭部は強度を失う。
私は護らなくてはいけない。未来の種を…子供達を。






「これがバルカさんが“遺してくれた”手帳の中身」

 そう言って青年は薄汚れた手帳を閉じた。
 彼らはその手帳の著者『ハンニバル・バルカ』の“子供達”。バルカは──5年前、怪物達に殺され、この世を去った。そんな彼の手帳が──彼の部屋の片隅から、子供達の手によって見付かった。
 青年は言う。

「アイツらを殺してでも生き残らなきゃいけないって事だ──そうだろ?」


_Mostro Mask

■用語解説→



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.5/10 (12 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
11人がお気に入り
オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

勿忘草(▲鏡夜▽)(プロフ) - 【https://uranai.nosv.org/u.php/novel/Wonder_land/】遅れてしまい、申し訳ございません!完成しましたので、ご確認をお願いします。 (6月1日 0時) (レス) id: c8478bd937 (このIDを非表示/違反報告)
くろせ(プロフ) - エラさん» テンプレートの件承りました。派生作品も追加させていただきます! (5月31日 22時) (レス) id: 62819c8559 (このIDを非表示/違反報告)
くろせ(プロフ) - S e e l e y _ピノさん» 確認しました、素敵な作品をありがとうございます! 追加させて頂きます。 (5月31日 22時) (レス) id: 62819c8559 (このIDを非表示/違反報告)
エラ(プロフ) - 派生作品を作りました。もしよければ、確認お願い致します。https://uranai.nosv.org/u.php/novel/3ce63ab9b42/ (5月31日 12時) (レス) id: 6451d1bf62 (このIDを非表示/違反報告)
エラ(プロフ) - すみません。文字数の関係でキャラシートをこちらに移させていただきました。URLを変更してもらうことはできますか?https://uranai.nosv.org/u.php/novel/3ce63ab9b41/ (5月31日 12時) (レス) id: 6451d1bf62 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:くろせ | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2020年5月23日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。